サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

その発想はなかった! 人生の前半は「負け」で折り返したほうがいい理由をご存じですか?

僕は不動産会社の営業マン時代、ほぼ休みなしだったんだけど、それは会社がブラック企業だったとかそういうことではない。

とにかく忙しかったんだ。

 

 悩んでる間も無く次から次へとお客さんは来るし、クレームやトラブルは発生するし、ぶつあげに行かなきゃいけなくてとにかく毎日動きまわってた。

それはブラック企業がーとか、就業規則ガーとか、労働基準法ガーとかという話じゃないんだ。

 

それはぼくにとっての修行期間だった。たいへんだったけど、全部必要なことだった。

 

「うちの会社はブラックだ」と言ってる人はきっと自分の夢や目標と違う分野の会社で働いてるんだと思う。

 

将来ラーメン屋を開きたいと夢見て修行のためにラーメン屋で働いてる人がそんなこと言います?笑

 

 

forbesjapan.com

 

「やりたいことが見つからない」か

幸か不幸か僕はそんなふうに思ったことは一度もないな。

 

単純に何もできない人間だったから「何かを手に入れたれ!」って具合に目の前のことにただ全力で取り組んでいただけだったな。笑

 

f:id:orange345:20190929181941p:plain

 

「夢がない」「目標がない」というのは考えみたら、なかなかしんどい心理状態かもしれない

最近では『モチベーションをあげる方法』といった内容の本もいっぱいあるし。

 

モチベーションをあげるもなにも夢に向かって突き進んでるときって、「モチベーションをあげるにはどうしたらいいか」なんて考えないよね。笑

ただただ、がむしゃらでさ。

 

そういった意味でいうと、人生の前半は「負け」で折り返したほうがいいのかもね。

コンプレックスは最大の着火剤になるからね!笑