サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。詩人(?) 不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

どうせ苦労するならこっちの方がいい! 僕が脱サラ起業する道を選んだ理由を正直にお話します。

リスクを背負ってやりたいことをやっても苦労するし、リスクを恐れてやりたいことに挑戦しないのも苦労する。

どうせ苦労するんだったら、どうせ大変な想いをするんだったら、「当たったらデカくなる方」に賭けたほうがいい!というのが僕の基本的なスタンスです。

 

じゃなきゃ、代打逆転サヨナラ満塁ホームランを打つチャンスは一生、巡ってこない!

 

むかしの日本はそんなこと考える必要がなかった。

終身雇用、年功序列、etc・・・

 

ただただ真面目に働いてさえいれば、それだけでそこそこ幸せに暮らしてゆくことができた。

 

僕が大学を卒業して社会に出た頃は日本はまだそんな空気がただよっていたよ。

バブルは弾けていたけれど、まだまだ日本には『余裕』のようなものがあった。

GDPもアメリカに次いで世界第2位だった。

 

いつの頃だろう、日本に、日本人に余裕がなかったのは・・・

 

f:id:orange345:20190929175717p:plain 

僕は別に自分がドロップアウトした人間だから人々にもドロップアウトをすすめている訳ではない。

正直、これ以上ライバルが増えてほしくないので、勤め人の世界をドロップアウトして商売をはじめる人は増えない方がいいと思っている。

 

だけど、このまま会社や政府を『頼り』にした生き方をしていて幸せにはなれないということは薄々わかるだろう。

でっかいことを成し遂げたいのならば、どっかで一世一代の大博打を仕掛け、巨大なリスクを背負ってひと勝負に出ないと!

 

でっかいことを成し遂げたいと本気で思っているならね・・・

 

「別にでっかいことを成し遂げなくてもいい」

「普通に生きていればそれでいい」

 

そう考える人は話は別だ。

 

そのまま不安を抱えながら定年退職を迎える日を指折り数え、20年、30年、40年と過ごしていけばいい。

ただし、その定年退職を迎える日がやってきたとしても(それは65歳かもしれないし、70歳かもしれない)、それで『いっちょあがり』とはいかないだろう。

 

 

f:id:orange345:20190929180036p:plain

 

つまり、テメェで何とかしなければ、自分の力で人生を切り開いていかなければ、状況は打破できないということ。

リスクを背負うことを嫌って、リスクを背負うことから逃げまわっていても、リスクはどこまでも追いかけてくることなんだよね。

 

特別リストラされるかもしれないし、会社だって倒産するかもしれない。

日本の借金の額を冷静に考えれば、「いつデフォルトになってもおかしくないな…」ということぐらいわかるはずだ。

 

商売の世界はラクじゃない。

だけど、勤め人の世界もラクではない。

僕は両方の大変さを知ってるから、よくわかるんだ・・・

 

だったら僕は商売人の世界で大変な思いをしようと思った。

そっちの方が一発逆転満塁ホームランを打てるから。

そっち方の「もしも当たったら、デッカいリターンがある」という夢があったから!

 

 

f:id:orange345:20191227205312p:plain

 

みなさんは今、「本当はサラリーマンなんかやめちまいたい!」と思っているのに常識とか世間体とかが気になって思い切って行動できない状態におちいっていませんか?

 

あるいは本当は自分で事業を興してビッグになりたい!という夢を持っているんだけど、奥さんや子供のことが気になってなかなか踏ん切りがつかないということで悩んでいるかもしれないね。

 

僕は北海道で小さな会社を経営している中小企業経営者に過ぎない。

だけど今、すごく幸福だし、自由だし、毎日がすごく充実していて楽しいよ! 

 

それもこれも僕がどこかの時点で『脱サラ』という大きな決断をしたからなんだよね。

もしもあのとき、あの決断をしなかったら、今のこの幸せや自由は手に入っていなかったよ。

 

僕はときどき「あの時、決断していなかったら僕の人生はどうなっていただろう?」ということを想像するんだ。

間違いなく僕は今でも暗い顔をして、ため息をつきながらサラリーマンとして働いていてはずだよ。

 

もしも読者のみなさんのなかで僕のような生き方をしたいと思ってくれる人がいるのなら、その人はどこかの時点で腹をくくらなければいけない人だよ。

それは容易なことではないと思う。

それは「いい学校に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に勤め上げて・・・」というThis is 日本的価値観に真っ向から対立する生き方だからね。

 

でもね、実はそれはそれほどむずかしいことじゃないんだよ。

やってみれば誰でもできることなんだ。

実際には「なーんだ、大したことねぇじゃん」といった具合のものなんだよ。

 

それなのに、それを「むずかしいものだ」「とんでもないものだ」と思い込んでいるのが大多数の日本人なんだよ。

まずはそのことをしっかりと認識すること。

親や学校の先生、親戚のおじさんやネットの意見なんかに惑わされないこと。

 

間違いなく言えることは、いい学校に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に勤めてさえいれば幸福になれた幸福な時代ってやつは、もうとっくに終わってしまったということ。

そのことだけは肝に命じておかなければならないよ。

 

 

forbesjapan.com

 

アプリ開発でも、ラーメン屋でも、士業でも、農業でも、学習塾経営でも、不動産賃貸業でも何でもいいんだけど、『自分で商売をやる』という選択肢を子供たちに教えてあげる時代が来たんじゃないかな。

 

投資と商売は違うよね。

やっぱり自分の裁量や才覚で切り開いていけるものを持たなきゃ!

 

S&P500やTOPIX頼み、FRBや日銀頼みじゃいつまで経っても不安は消えないよね。

 

家の近所に焼きそばパンとかあんパンとかを売って繁盛してるパン屋がある。

僕が子供の頃からずっとあって、ずっと繁盛してる。

 

「これだな!」といつも店の前を通るたびに思う。

だって、商売は投資や資産運用じゃないから。

 

市場の暴落とか関係ないもん。笑

 

「働く」ということと「事業をする」ということは違うよね。

「職業」と「商売」も違う。

会社から給料をもらうことと、お客さんから対価をもらうことも違うもの。

 

学校では『従業員になること』しか教えないから、混同して考える人が大勢いるのも無理ないよ。

でもこれらは全然違うものなんだよ・・・

 

日本は事業家になる人が極端に少ない国として有名だよね。

僕は脱サラ起業する道を選択したわけだけど、いまだに冷たい視線のようなものを感じているよ。

 

どんなに法人として黒字を出していたとしても、ね。

 

でも多数派に属しているからといってそれが正解とは限らない。

その船はタイタニックかもしれないよね・・・

 

僕は不動産会社の営業マン時代、テナントの仲介の仕事もやってた。めちゃくちゃ大変だったけど、いろんな商売人・事業主の人生を垣間見れてすごくおもしろかったよ。

勉強にもなった!

 

そのほとんどのお店や事業は途中でダメになっていったけどね。商売の世界は厳しい世界なんです。笑

 

これはラーメン屋だろうが、学習塾だろうが、士業だろうが、アパート経営だろうが関係ないッスよ。

商売の世界で成功をおさめるのは並大抵のことじゃない。

 

繁盛するお店、ビジネスを軌道にのせること。

それがいかに大変なことか…

 

繁盛してる焼き鳥屋を店主って、尊敬に値する人物なんですよ!

 

「焼き鳥屋なんて、もし仕事辞めたらオレにも簡単にできる」って言って焼き鳥屋の店主をバカにしてるリーマンの人もいるけど、『じゃあ、やってみろよ』と言いたい。

そしたら、商売というものがいかにむずかしいかわかります。

 

繁盛してる焼き鳥屋のご主人がいかにスゴイ人であるか痛感するから!笑