サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

どうせ苦労するならこっちの方がいい! 僕が脱サラ起業する道を選んだ理由を正直に話します。

 

リスクを背負ってやりたいことをやっても苦労するし、リスクを恐れてやりたいことに挑戦しないのも苦労する。

どうせ苦労するんだったら、どうせ大変な想いをするんだったら、「当たったらデカくなる方」に賭けたほうがいい!というのが僕の基本的なスタンスです。

 

じゃなきゃ、代打逆転サヨナラ満塁ホームランを打つチャンスは一生、巡ってこない!

 

むかしの日本はそんなこと考える必要がなかった。

終身雇用、年功序列、etc・・・

 

ただただ真面目に働いてさえいれば、それだけでそこそこ幸せに暮らしてゆくことができた。

 

僕が大学を卒業して社会に出た頃は日本はまだそんな空気がただよっていたよ。

バブルは弾けていたけれど、まだまだ日本には『余裕』のようなものがあった。

GDPもアメリカに次いで世界第2位だった。

 

いつの頃だろう、日本に、日本人に余裕がなかったのは・・・

 

f:id:orange345:20190929175717p:plain 

僕は別に自分がドロップアウトした人間だから人々にもドロップアウトをすすめている訳ではない。

正直、これ以上ライバルが増えてほしくないので、勤め人の世界をドロップアウトして商売をはじめる人は増えない方がいいと思っている。

 

だけど、このまま会社や政府を『頼り』にした生き方をしていて幸せにはなれないということは薄々わかるだろう。

でっかいことを成し遂げたいのならば、どっかで一世一代の大博打を仕掛け、巨大なリスクを背負ってひと勝負に出ないと!

 

でっかいことを成し遂げたいと本気で思っているならね・・・

 

「別にでっかいことを成し遂げなくてもいい」

「普通に生きていればそれでいい」

 

そう考える人は話は別だ。

 

そのまま不安を抱えながら定年退職を迎える日を指折り数え、20年、30年、40年と過ごしていけばいい。

ただし、その定年退職を迎える日がやってきたとしても(それは65歳かもしれないし、70歳かもしれない)、それで『いっちょあがり』とはいかないだろう。

 

 

f:id:orange345:20190929180036p:plain

 

つまり、テメェで何とかしなければ、自分の力で人生を切り開いていかなければ、状況は打破できないということ。

リスクを背負うことを嫌って、リスクを背負うことから逃げまわっていても、リスクはどこまでも追いかけてくることなんだよね。

 

特別リストラされるかもしれないし、会社だって倒産するかもしれない。

日本の借金の額を冷静に考えれば、「いつデフォルトになってもおかしくないな」ということぐらいわかるはずだ。

 

商売の世界はラクじゃない。

だけど、勤め人の世界もラクではない。

僕は両方の大変さを知ってるから、よくわかるんだ・・・

 

だったら僕は商売人の世界で大変な思いをしようと思った。

そっちの方が一発逆転満塁ホームランを打てるから。

そっち方の「もしも当たったら、デッカいリターンがある」という夢があったから!