サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

どうせ苦労するならこっちの方がいい! 僕が脱サラ起業する道を選んだ理由を正直にお話します。

f:id:orange345:20200124150312j:plain

 

リスクを背負ってやりたいことをやっても苦労するし、リスクを恐れてやりたいことに挑戦しないのも苦労する

どうせ苦労するんだったら、「当たったらデカくなる方」に賭けたほうがいいというのが僕の基本的なスタンスです。

 

じゃなきゃ、代打逆転サヨナラ満塁ホームランを打つチャンスは一生、巡ってこない!

 

むかしの日本はそんなこと考える必要がなかった。

終身雇用、年功序列、etc・・・ 

ただただ真面目に働いてさえいれば、それだけでそこそこ幸せに暮らしてゆくことができた。

 

僕が大学を卒業して社会に出た頃は日本はまだそんな空気がただよっていました。

バブルは弾けていたけれど、まだまだ日本には『余裕』のようなものがありました。

GDPもアメリカに次いで世界第2位だった。

 

いつの頃だろう、日本人に余裕がなかったのは・・・

 

僕が商売の世界を選んだ理由

結論から申し上げれば、僕はサラリーマン以外の生き方をもっと多くの人が検討すべきだと思っています。

それしか解決策はないと思っています。

 

別に僕は自分がドロップアウトした人間だから人々にもドロップアウトをすすめている訳ではありません。

正直、ライバルが増えてほしくないので、これ以上商売をはじめる人が増えなければいいなと思ってるくらいです。笑

 

だけど、このまま会社や政府を頼りにした生き方をしていて幸せになれるわけないよなぁと思います。

そして、そのことは多くの国民は薄々わかってることでしょう。

 

でっかいことを成し遂げたいのならばどっかで一世一代の大博打を仕掛けなきゃいけないのです。

そのためには巨大なリスクを背負ってひと勝負に出ないといけません。

 

 「別にでっかいことを成し遂げなくてもいい」「普通に生きていればそれでいい」と考える人は別です。

 

でも、そうも言ってられない時代になってきました。 

定年退職を迎える日がやってきたとしても(それは65歳かもしれないし、70歳かもしれない)、それで『いっちょあがり』とはいかないでしょう。

そのあとは『老後の生活』という強敵が控えています。

 

つまり、テメェで何とかしなければ状況は打破できないということです。

リスクを背負うことを嫌って、リスクを背負うことから逃げまわっていても、リスクはどこまでも追いかけてきます。 

突然リストラされるかもしれないし、会社だっていつ倒産するかわかりません。

 

商売の世界はラクじゃありません。

でも、勤め人の世界もラクではないのです。

僕は両方の大変さを知ってるからよくわかるんです。 

 

だったら僕は商売人の世界で大変な思いをしようと考えました。

そっちの方が一発逆転満塁ホームランを打てるから。

そっち方の「もしも当たったらデッカいリターンがある」という夢があったから!

 

もうむかしのような生き方ができない

みなさんは今、「本当はサラリーマンなんかやめちまいたい!」と思っているのに行動できないというジレンマにおちいっていませんか?  

 

僕は北海道で小さな会社を経営している中小企業経営者に過ぎません。

だけど今、すごく幸福だし、自由だし、毎日がすごく充実していて楽しいですよ。

 

それもこれも僕がどこかの時点で『脱サラ・起業』という大きな決断をしたからなんです。

もしもあのとき決断をしなかったら今のこの幸せや自由は手に入っていませんでした。

 

僕はときどき「あの時、決断していなかったら僕の人生はどうなっていただろう?」ということを想像します。

間違いなく僕は今でも暗い顔をして、ため息をつきながらサラリーマンをしていたはずです。

 

もしも読者のみなさんのなかで今の僕のような生き方をしたいと思っている人がいるのならば、その人はどこかの時点で腹をくくらなければなりません。

それは容易なことではないと思います。

だけど、腹をくくって前に進まなければ何もはじまらないのです。

 

それは「いい学校に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に勤め上げて・・・」というThis is 日本的価値観とは正反対の生き方です。 

でも実はそれはそれほどむずかしいことではないのです。

やってみれば誰でもできること。

 

僕も実際にやってみて思いました。

「なーんだ、大したことねぇじゃん」って・・・

 

それなのに、それを「むずかしいものだ」「とんでもないものだ」と思い込んでいるのが大多数の日本人なのです。

まずはそのことをしっかりと認識することです。

親や学校の先生、親戚のおじさんやネットの意見なんかに惑わされないこと。

 

間違いなく言えることは、いい学校に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に勤めてさえいれば幸福になれた幸福な時代ってやつは、もうとっくに終わってしまったということです。

そのことだけは肝に命じておいた方がいい。

 

 

「商売(事業)」と「投資」は全然違うもの

 

forbesjapan.com

 

アプリ開発でも

ラーメン屋でも

士業でも

農業でも

学習塾経営でも

不動産賃貸業でも

etc・・・

 

その商売の種類は何でもいいんです。

だけど、「サラリーマン」という生き方にこだわらないこと。

それが多くの人に夢と希望を与えることになります。

 

子供たちには教えてあげるべきです。

「自分で商売をやるという選択肢がこの世にはある」ということを子供たちに教えてあげるべきです。

そういう時代が来たんじゃないかと僕は思っています。

 

やっぱり自分の裁量や才覚で切り開いていけるものを持たなきゃいけません。

業種は問いません。

 

それはサラリーマンをやって給料をもらい、貯金をし、S&P500に連動したETFを買うというのとは根本的に違うことです。

やっぱり自分の力でコントロールできるものじゃなきゃ。

いつまで経っても不安は消えないでしょう。

 

家の近所にいつもお客さんの絶えないパン屋さんがあります。

僕が子供の頃からずっとあります。

ずっと繁盛しています。

 

そのパン屋さんの前を通るたびに、「これだよな!」と思います。

これこそが僕の言ってることです。

株式市場の動きに左右されることなく、自分の裁量や才覚で勝負するということ。

 

パン屋さんに市場の暴落とか関係ないですもんね。笑

 

「働く」ということと「事業をする」ということは違うことです。

「職業」と「商売」も違う。

会社から給料をもらうことと、お店の売上も違うものです。

 

学校では従業員になることしか教えません。

だからこの二つを混同して考えてる人があまりにも多い。

でもこの二つはまったく違うことなのです。

 

日本は事業家になる人が極端に少ない国として有名です。

僕は脱サラ起業する道を選択してもう10年以上経つけど、いまだに世間の冷たい視線のようなものを感じます。

 

どんなに法人として黒字を出していたとしても、それは関係ないのです。

とにかく日本社会では「サラリーマンじゃない」というだけで数奇な目で見られるのです。

 

でも多数派に属しているからといってそれが正解とは限らないのです。

その船はタイタニックかもしれないのですから。

 

僕は不動産会社の営業マン時代、テナントの仲介の仕事もやっていました。

めちゃくちゃ大変だったけど、いろんな商売人・事業主の人生を垣間見ることができてすごくおもしろかったです。

大変、勉強にもなりました。

 

そのほとんどのお店や事業は途中でダメになっていきました。

商売の世界は厳しい世界なんです。笑

 

これはラーメン屋だろうが、学習塾だろうが、士業だろうが、アパート経営だろうが関係ないです。

商売の世界で成功をおさめるのは並大抵のことじゃないのです。

 

ビジネスを軌道にのせること。

それはとても大変なことなのです。 

だから繁盛してるお店の主人ってもっと尊敬されてもいいんですよ。

 

「焼き鳥屋なんて、仕事辞めたらオレにだって簡単にできらぁ」と言ってるサラリーマンのおっさんもたくさんいます。

『じゃあ、やってみろよ』と僕は言いたい。

実際にやってみらわかりますよ。

 

商売を成功させることがいかにむずかしいことか。 

繁盛してる焼き鳥屋のご主人がいかにスゴイ人であるか。

 

 

まとめ

 

gendai.ismedia.jp

 

老後の2,000万円をどうやって作るかが話題です。 

投資、資産運用をすでにやってる人は「そんなもん楽勝にクリアできるわ」って思ってるみたいです。

 

だけど僕はそんなに簡単な話じゃないと思ってます。 

いまは世界的に株高だから、みんなそれに酔いしれて楽観的になってるだけです。

このまま株価が右肩上がりで上昇してゆくかどうかなんて誰にもわからないのです。

 

老後のお金の問題を解決する方法として僕は『自分で商売をやる』という解決策を提示したいです。

商売には定年がありません。

そして当たり前の話だけど、商売人というのは勤め人ではありません。

 

だからそのビジネスさえうまくいっていれば、「定年退職後、どうしよう」とか、「65歳以降、どうしよう」という状態にならずに済むのです。 

学歴がなくても、もともとお金持ちじゃなくてもOKです!

今まで不遇だった人も逆転できます。

 

美容室、ケーキ屋、ラーメン屋、税理士、弁護士、歯医者さん、アパートの大家さん、会社経営者、etc・・・・

彼らはそもそも給料なんてものはありません。

だから「老後になって急に慌てふためく」ということないのです。 

 

物件をいくつか所有して大家さんになって法人化すれば、『会社経営者』を名乗れます。

従業員をやってなくても、自分一人だけでもいい。

 

たった一人だけでも法人は法人です。 

赤ベンツには乗れないかもしれないけど、白のN-BOXには乗れるかもしれません。

会社の経費(損金)で!

 

組織に向いてない、働くのに向いてない、勤め人に向いてない男子というのは一定数の割合でいます。

俗に言う、『社会不適格者』って人です。

 

今まではそういう人は詰むしかなかった。

でも大丈夫です。

僕のように。笑