サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

だから悩んでる大人が多いんです! 子どもたちに今、なすべき『本当の教育』とは何か?

若い人はピンとこないかもしれないけれど、資本主義社会をサヴァイヴしてゆくというのはなかなかハードなことなんです。

 

僕の同級生たちが40代半ばになってどうしてこんなに深刻なお金の問題を抱え、将来を悲観しているのか、、、

ぜひ若い人には想像力を働かせてほしいなと。

 

僕の友達はとても優秀だったよ。

実際いい大学を出て、いい会社にも就職した。

むずかしい資格も持っている人もいる。

 

それなのにどうして毎日ため息をつきながら暮らさなきゃいけないのか。

毎週日曜日の夕方になると、『サザエさん症候群』に陥らなきゃいけないのか。

 

この問題の根底には僕は『教育問題』が横たわってると思ってます。

大人たちは子供たちに本当の意味での社会に出てから役に立つお金の教育をしていない、と。

そして無防備なまま出される。

 

「買い物のときに暗算ができる!」とかそういうことはお金の教育ではないんだよね。

 

「学校や職場で優秀であればお金の問題も解決できる」

「いい大学を出て、いい会社に就職すれば、資本主義社会を幸福に生きていける」

 

子供たちはこの大人の言葉を盲目的に信じて薄着のままジャングルへと入ってゆく。

そして途中で『自分がほとんど素っ裸の状態』であることに気づくんだ。

 

 

森毅さんはこんな言葉を残しています。

 

人間というものは、自分より「すぐれた人間」からばかり教わろうとしていると、すぐにだめになる。

自分よりも「だめな人間」から、どれだけ学ぶことができるかで、成長するものである。

 

 

寄り道して考える (PHP文庫)

寄り道して考える (PHP文庫)

 

 

 

 

 

cakes.mu

 

 

www.smallbird.work