サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資を成功させるうえで「資金繰り」というものがいかに重要なのかわかったので解説します。

 

 

サラリーマン大家…無理をした不動産投資で「致命傷」の惨状 という記事を読んだよ。

  

gentosha-go.com

 

「アパート経営はカツカツではやるな!」というのがぼくの数々の失敗の経験から学んだことです。笑

 

なんのビジネスでもそうだと思うんだけど、けっきょく最終的に行き詰まる理由でもっとも多いのは『資金繰りの悪化』なんだよね。
つまりキャッシュフローが大事って話ですよ!

 

ピンチのときに援軍部隊を送り込めるようにしておくこと。これが長期にわたって安定的にビジネスをやる秘訣だと思う。

 

アパート経営は『建物』という劣化するモノを扱う商売。突発的な修繕や工事、被害は「つきもの」と思っておいたほうがいいッスよ!

 

つまり「いざという時に備えて蔵に積んでおけ」という話ッスね。

 

アパート経営でいちばん大事なのは『ザ・資金繰り』です!

これはラーメン屋も、学習塾も、ZOZOも一緒だ。

 

滞納起きまっせ。

空室発生しまっせ。

工事もやらなあきまへんで。

シロアリの被害にも遭いまっせ。

 

その際、資金繰りは大丈夫でっか?

不動産投資を『投資』だと考えるとエライ目にあいまっせ!

 

株や投資信託といった紙の資産には「資金繰り」なんてものはないよね。

買ったら、ハイ、それで終わり。

でも不動産投資はそういうわけにはいかない。

 

不動産投資は投資じゃないんだ。

これは事業なんだ。

商売なんだ。

経営なんだ。

 

ラーメン屋や学習塾を経営するのを同じさ。

 

f:id:orange345:20190929194908p:plain

 

「買ったら、終わり」じゃないんだ。

「買ったら、あとは様子を見る」なんてこともできない。

「買ったら、ゆっくり見守る」ということもできない。

 

紙の資産と同じような感覚で不動産投資をやったら、失敗するよ・・・

 

不動産投資において「ある程度資金を置いておく」というのは非常に重要なことだ。

モノを扱う商売をやっている以上、修繕は必ず起こる。

 

次の賃借人が決まるまでのつなぎ資金が必要な時もある。

だから常に口座にはその時のための資金をプールしておく必要がある。

 

それは単なる『貯金』ではないんだよね。

 

融資の時に頭金を多く入れてしまうと、銀行は喜ぶかもしれないが安定経営を目指す上ではデメリットになりうる。

 

商売は一寸先は闇の世界。

いざ!ということは必ず起こる。

 

モノというのは必ず劣化する。

その時に資金不足だと一気にヤバイ状態に陥る。

 

これはどんな商売でも一緒だと思うよ。

 

 

www.rakumachi.jp