サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

投資信託の「誰かにお金を預けて儲けてもらう」という発想の危険性について探ってみました。

 

 

 

株式投資を始めるなら知っておきたい「3要素」 という記事を読んだよ。

 

 

www.businessinsider.jp

 

 

この考え方、いま大流行りしてるよね。

 

 

・分散された投資信託を買って

20年も30年も持ち続けて

・右肩上がりに上昇するのを期待して

・株価指数の動きに自分のすべての運命を託す

 

 

僕とまったく正反対の考え方ですけどね、、、

 

 

映画『マネー・ショート』の主人公はサブプライムローン・バブルの崩壊を『詐欺の発生件数の増加』で見抜いた。

 

普通の人がとんでもない儲け話に飛びつくようになったり、ファンドマネージャーにお金を託しはじめたら危険な兆候だよね。

 

他人に任せたり、他人の意見に振りまわされたり、他人から持ちかけられた儲け話に乗ろうという心理

基本的にはみな自分が儲けることしか考えてない。

その信じた相手も自分が儲けることしか考えてない。

 

他人に頼らず、自分で調べて、自分で勉強して判断する以外に投資で勝つ方法はないと僕は思う。

 

今、投資しようとしているものは本当に価値があるものなのか? 

そこから得られるリターンは本当に地に足のついたものなのか? 

 

自分の目で確認し、自分で裏づけを取ること。

絶対に忘れないでほしい。

 

 

f:id:orange345:20190929194722p:plain

 

昨今流行りの「分散投資」とか「投資信託」とか「ファンド」とかという言葉に疑問と不安を持っていませんか?

 

投資や資産運用をやっている人はすごく増えてきたよね。

最近では政府も個人投資家の数を増やそうと躍起になっていて、iDeCoだとかNiSAといった新しい制度をつくって力を入れている。

 

これは投資や資産運用の世界に限らずなんだけど、人がたくさん集まり、ある集団が形成されるようになると必ずそこに常識とかスタンダードみたいなものができあがるよね。

 

そしてそれがみんなの意見の最大公約数となり、その意見に賛同している人がマジョリティーとしてその集団のなかに君臨することになる、、、

 

でもぼくはいつも疑問に思うんだよね。

今、支持されてるやり方をやって億万長者になった人っていなくないッスか? 

 

まったくいないことはないんだろうけど、ほとんどいない。

もしもその圧倒的多数の人が支持しているやり方が本当に正しく、再現性があるんだとしたら、ぼくらのまわりにはボコボコ億万長者が誕生してなきゃおかしいよね。

 

そして、たくさんの人が会社を辞めて、投資からのリターンだけで悠々自適に暮らしている人がたくさん出現していなきゃおかしい。

 

でもそうなってないよね? 

みなさんのまわりで投資だけで家族を養ってる人、いる? 

 

おそらく一人もいないんじゃないかな。

じゃあ、みんなが支持しているその常識とかスタンダートって、いったい何だろう? 

 

なぜ多くの人はそれを支持しているんだろう?