サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

自由に生きたいと願うリーマン必見! よい人生を送るためには不動産投資が最適な理由

僕はサラリーマンをしていた頃、何かに急き立てられるように忙しい日々をおくっていたんだよね。そして、そういう生き方に何も疑問を持っていなかった。

 

社会に出たらみんなそうやって朝から晩まで忙しく働くものだと思っていたし、それ以外の生き方があるなんて夢にも思っていなかったよ。

だけどそういった非人間的な生き方がだんだんとシンドくなっていったんだよね。

 

 

30歳前後の頃の話。

その頃から僕はそうしたサラリーマン的生き方に疑問を感じるようになっていったんだ。

 

「このまま会社に身も心も捧げて生きていていいのだろうか?」って。

僕は大きな壁にぶち当たってしまったんだよね。

 

でもそうした生き方に疑問を感じつつも、そこから抜け出す方法がわからなかった。

僕はもう結婚もしていたし、家には妻も子どももいた。

 

だから僕は生活費を稼がなきゃいけない立場だったんだよ。

 

何もかもを放り出して自分の好きなことだけして生きるわけにもいかなかった。

だから最初から会社からもらう給料に匹敵する額の収入を稼ぐ必要があったんだ。

何らかの方法で、、、、

 

そこから僕の試行錯誤がはじまった。

そして、いろいろな紆余曲折を経て、ようやくたどり着いたのが『不動産投資』というものだったんだ。

 

僕はこの不動産投資のおかげで晴耕雨読な生き方ができるようになったというわけなんだよね。

 

f:id:orange345:20190929195627p:plain

 

不動産投資は晴耕雨読な生き方を可能にしてくれる方法の一つだった。

上手にやれば不労所得が得られる。

 

管理会社に物件の管理を任せてしまえば、こちらはほとんど労力をかけなくてもOK! 

それは僕にはとても魅力的なことに思えたんだよね。

 

「ぜひ僕も不労所得が得たい!」「不動産投資がしたい!」と僕は心の底から思ったよ。

僕が不動産投資というものをやろうと思ったきっかけはすべては『晴耕雨読な生き方がしたい!』という僕の想いが発端だったんだよ。

 

はっきり言って不動産投資をやれば不労所得が得られることは間違いないよ。

まったく労力がかからないわけじゃないけど、サラリーマン時代に死ぬほど忙しい毎日を送っていた身からすればそれは天国のようだよ!

 

労力が少なくて済むってことは、「自由な時間を確保することができる」ということを意味しているんだ。

自由な時間ができれば、のんびり本を読んだり、スポーツをしたり、家族と過ごしたりすることができる。

 

まさにこれこそ僕が望んでいた生き方なんだよね!

 

 

世の中そんなに甘いものじゃないぞ!

 

ラクして儲けることばかり考えていたら手痛い目に遭うぞ!

 

 

まわりの大人たちから僕は散々そんな言葉を浴びせられて育った。

でもこの年になって思うのは、『それはすべてその人がそう思い込んでいるだけのことだった』ってこと。笑

 

 

以前の僕は大金持ちや、不労所得を得て暮らしている人なんかを、「ふん、どうせ裏で悪いことでもやっているんだろう」という目で見ていた。

 

その頃の僕は『真面目さ』と『豊かさ』は必ずしも相関関係にないという事実を知らなかったんだよね。

 

でも今は違う。

勤労所得で得たお金も、不労所得で得たお金も『お金』なんだよね。

 

 

 

 

01kurabu.co.jp