サカモトハルキの哲学

経営者。投資家。不動産投資と株式投資やってます。趣味で詩も書いてます。5棟74室+月極P24台(2010年12月より法人化)。配当狙いの個別株投資。

お金の問題から解放されたい人、必見! 何かを得ようと思ったら〇〇を受け入れなければならないという話

欲しいものを手に入れるために欲しくないものも受け入れる覚悟を持たなきゃいけません。 

たとえば猫が飼うとなったらいろいろ受け入れなきゃいけません。

 

・病院費用

・エサ代

・トイレの世話

・家族が猫アレルギーになるリスク

・エアコン新設(猫は熱中症になりやすい)

・気軽に旅行に行けなくなる

etc ・・・

 

 

猫を一匹買うとなったらそれにともなう大変さも同時に受け入れる必要があるんです。

でもその代わり圧倒的な猫の可愛らしさと癒しが得られる。

 

 

・効果と副作用

・光と闇

・リターンとリスク

・メリットとデメリット

 

 

プラスの何かを得るためにはマイナスの何かも受け取る覚悟を持たなくちゃいけないのです。

これは投資においても、仕事においても、恋愛においても、人間関係においてもいろいろね。

そうしなけりゃ手に入らない。

 

『 Take a leap of faith(思い切って飛べ)』ってことです!!!!笑 

  

f:id:orange345:20190929200012p:plain

 

『現状維持バイアス』には注意しよう!

人間はそもそも現象を変えることを嫌がる傾向があります。

 

変えるのは面倒くさいし、労力もかかる

今までやってきたやモノへの愛着もある

だからどうしても今までやってきたことの方を優先してしまうのです。

これ、投資でも仕事でも人間関係でも当てはまります。

 

よく「成功した人生」とか「失敗した人生」とか言います。

でも僕はその分け方には違和感を感じるのです。 

人生を成功・失敗に分けるのではなくて、「成功も失敗も知ってる人生」か、「成功も失敗も知らない人生」で分けた方がいいんじゃないかなと常々思っています。

 

僕ならためらうことなくリスクを取りにいく方の人生を選びます。

  

news.livedoor.com

 

 

投資にはリスクが伴います。

僕の主戦場は不動産投資だけど、銀行から多額の借入をしたりして僕も巨大なリスクを背負っています。

 

同級生なんかと話をすると僕の借金の額を聞いて目ん玉を丸くしまう。

「とてもじゃないけど、自分にはそんな額の借金を背負うなんて無理だ・・・」という顔をします。

 

それはそれでいいと思う。

人それぞれ生き方が違うんだから。

 

だけどこれだけはおぼえておいてほしい。

そうやってリスクを背負うことを嫌い、何も行動しないままでいると人生が固定化されてしまうのです。

自分が抱えている問題は何ひとつ解決されないまま今日も昨日と同じ人生を生きることになるのです。 

 

だから彼らは今日も満員電車でイヤな思いをしたり、ノルマが達成できなくてイライラしたり、社会の醜悪な人間関係に悩んでうつになりかけていたりする・・・

 

僕の言ってることわかりますか?

三振するリスクを背負ってバッターボックスに立たなければホームランを打てないってことです。

 

僕は真のリスクというのは、『行動をしない』ということだと思っています。

ダイエットの本を読んだだけで痩せることはできないのです。

実際に行動に移さなければリターンも得られないのです。

 

何も行動しないということは「それだけ機会も損失している」ということでもあるんです。

 

たとえば投資を早くはじめて、1年間に200万円の利益が得られたら、2年で400万円、5年で1000万円です。

「投資は危険だ」と言って行動しない人や遅く始めた人はそれだけ利益を得る機会を喪失していることになるのです。

 

5年遅く始めた人は1000万円というお金を失っているということです。

1,000万円って結構な額ですよ!

給与から1,000万円を貯金するのがいかに大変なことか・・・

 

もちろん、今のたとえの前提となっているのは「1年間に200万円の利益が得られるもの」を自分がやった場合の話です。

この低金利・低成長、株高・不動産価格の高騰時に高い利回りのものを見つけられるかどうかはわからないということだけは先に言っておきます。

 

僕がやっている不動産投資でいうとしっかりインカムゲインが得られる物件なんだったら早く始めるに越したことはありません。 

「自己資金を1,000万円貯めてからはじめる」なんて言ってモタモタしてたらキャッシュフローをもたらしてくれるいい物件をゲットするチャンスはどんどん失われてゆくのです。

ただし、キャピタルロスを起こすような物件に手を出したらダメですよ。

 

成功の秘訣は家柄でも学歴でもありません。

誰よりも早く始めることです。 

モタモタしてるとチャンスってどんどん逃げてゆくのです。

 

僕がサラリーマンだった頃、株価はこんなに高くはなかったです。

だけど中間層に対する負担は今よりも軽かった。 

どうやら世界は最近変わってしまったようです。

変わったのなら変わったでそれに対応し、順応していかなければなりません。

 

繁栄に酔いしれてる場合じゃないと僕の目には映るんですが・・・

 

どんな投資をするかも深刻な悩みです。

でももっと深刻なのは世の中がこれだけ変わり、税金や社会保険料の負担がますます増加し、もう会社にも政府にも頼れない時代がやってきたというのに何の準備もしていないということです。

 

そして、実際そういう人が星の数ほどいます。 

本当は「投資は危険だ」なんて言ってる場合じゃないのに・・・