シンプルに。自由に。

北海道でアパートの大家業をしてます。4人家族。映画が好き。猫が好き。北の国でなまらのんびり生きてます。“every cloud has a silver lining.” したっけ!

本当に賢いお金の使い方とはどのようなものか?について


f:id:orange345:20170326173117j:plain

僕はお金持ちと貧乏な人の両陣営からよく誤解をされます。それは僕が「投資」という手段をつかって生活をしているのにもかかわらず、「シンプルライフ」の素晴らしさを説いているせいです。

投資と、シンプルライフ。この二つは一般的には「相反するもの」と位置づけられています。僕が「お金はとても大事なものだ」と言えば、シンプルライフを提唱する人から攻撃されます。僕が「物を持たない質素な暮らしが大切だ」と言えば、お金をたくさん儲けたいと考えている人から攻撃されます。

世間一般的には… 投資家は投資家らしく、六本木ヒルズかなにかに住んで、セレブな暮らしをするものだ。 シンプルライフを提唱する人は、里山の田舎暮らしをしながら、畑で野菜でもつくって生活するものだ 。というような漠然としたイメージを持っています。

僕はそのどちらのイメージにも当てはまりません。だから僕は両陣営から誤解されてしまうのです。「どっちつかず」の矛盾した存在というわけです。

なんせ僕のモットーは、

 

お金持ちにもならず、貧乏にもならず、自由を愛し、シンプルに暮らす。

 

…というものです。そもそもの話、矛盾した生き方をしようとしているのですから、「お前は矛盾している」と言われても困ってしまいます。

このモットーには、紆余曲折があってようやくたどり着きました。どこかに転がってたものを拾ってきたようなものではないのです。

僕の人生にもいろいろことがありました。いいこともあったし、悪いこともありました。お金の素晴らしさを痛感したこともあったし、お金の恐ろしさを痛感したこともありました。そういったいろいろな経験を経て、僕は今の境地にたどり着くことができました。

目次

「青年実業家」と称する一般男性と結婚した女性芸能人が、すぐに離婚する理由

f:id:orange345:20170327105854j:plain

お金はとても大切なものです。だけど、お金がすべてじゃないし、お金に振りまわされてもいけません。

資本主義の世の中である以上、僕たちはこのお金の問題を避けては通れません。僕たちは常にお金から影響を受けており、お金の持っているパワーに翻弄されています。世の中のあらゆることが「お金のエネルギーによって動いている」といっても過言ではないかもしれません。

お金は生きるうえでの基盤となるものです。それゆえに僕たちはもっとも注意してこの問題と向き合わなければならないのです。

お金を取り扱う時には、とくに注意が必要です。とくに自分のフトコロからお金を出すときには細心の注意をはらう必要があります。そのお金で何を買ったのか?…このことは他のどんなことよりも注意をしなければいけません。

あなたは価値のないものにお金をつかっていませんか? あなたは不必要なものをたくさん集めていませんか? あなたはお金を浪費していませんか? お金はパワーです。だけど、丁寧に扱わなければやがてそのパワーは減少していきます。

最初の頃はまぶしいぐらいに光り輝いていたのに、あなたが大切に扱わなかったせいで淡い光しか発しなく恐れもあります。そして、あなたの人生にとって無意味なものにその大切なお金を遣ってばかりいると、少しずつお金の恩恵を受けることができなくなっていきます。

お金は生きものなのです。生きものは水やえさをあげなければ死んでしまうのです。あなたがくだらないガラクタばかりにお金を浪費していたら、やがてそのツケがまわってきます。上手につきあわなければ、いつの間にか「飼い犬に手を噛まれる」という結果になることもあるのです。

よく「青年実業家」と称する男性と結婚し、その後、しばらくして離婚する女性芸能人がいます。結婚した当初、どんなに羽振りが良かったとしても、その状態が半永久的に続くとは限らないのです。

その結婚相手がお金の取扱いが下手くそだったりなんかしたら、あっという間にお金で苦労することになります。セレブな生活というのは、ある種の「イリュージョン」なのです。あなたは本質を見極めなきゃいけないのです。

「いい買い物」とは、あなたのフトコロにお金を流し込んでくれるような買い物のこと

f:id:orange345:20170327073937j:plain

どうせお金をつかうならば、意味のあることにお金を使いましょう! 自分の人生を明るく照らしてくれるもの。本当の意味で役にたつもの心の底から「買って良かった!」と思えるものにお金を使うのです。

なぜ僕は投資をするのか? それはその投資という買い物が僕にとって非常に意味のある買い物だからです。僕は浪費をしているわけではありません。投資をしているのです。

その投資にお金を使うことによって、僕はリターンを得ています。いい投資の場合は、リターンもいいものになります。悪い投資の場合は、リターンも悪いものになります。

僕が不動産投資を専門としているのですが、ときどき人から、「よくそんな何千万円もするものを買おうと思いましたね?」と言われることがあります。だけど僕に言わせてみれば、彼らが手にしているもの(家、クルマ、服、時計、ゴルフバッグ、家具、家電製品、etc…)そういったものの方がよっぽど「よくそんなもの買おうと思いましたね?」なのです。

収益物件を買えば、「家賃」というかたちで毎月収入を得ることができます。でも彼らが購入したグッチのバッグは、彼らのフトコロに毎月収入をもたらしてくれるでしょうか? どうせお金を使うなら、意味のあるものにお金を使いましょう! 人生を本当の意味で豊かにしてくれるもの買うべきなのです。

投資と浪費を混同してはいけません。あなたがこれまでの人生のなかでお金の使い方に気を配り、浪費をしなければ、もしかしたら何千万円ものお金を貯めることができたかもしれないのです。

そして、そのお金を頭金にして、レバレッジをかけて収益物件を取得すれば、あなたのフトコロには毎月何十万円というキャッシュが流れ込んできたかもしれないのです。

上手な買い物をすれば、その仕組みを自らの手で構築をすることは可能なのです。メリットが何もない買い物をするのではなく、メリットのある買い物をすることを心がけましょう。