読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに。自由に。

北海道でアパートの大家業をしてます。4人家族。映画が好き。猫が好き。北の国でなまらのんびり生きてます。“every cloud has a silver lining.” したっけ!

不動産投資は暴落しても高騰しても儲けることができる


f:id:orange345:20170327074004j:plain

「不動産投資をしている」という話をすると、今は不動産の価格が下落していて、さぞかし大変でしょう。…と言われることがあります。そのような言葉を発する人は不動産投資というものをまったく理解していないか、誤解しているかのどちらかの人です。

不動産投資をやっている人間にとって不動産の価格の上がり下がりはあまり関係ありません。普段、そんなこと意識したこともありません。たぶん多くの大家さんが僕のこの意見に同調してくれると思います。

僕たちアパートのオーナーが日ごろから気にし、意識しているのは『キャッシュフロー』です。「上がった」とか、「下がった」とかを、一喜一憂するような投資法ではないのです。

「デフレの影響で、不動産の資産価値が下がっていますが、あなたの物件は大丈夫ですか?」という質問もよく受けます。僕はこの質問の意味がよくわからないのです。資産価値が下がったとしても、毎月のキャッシュフローにはほとんど影響しません。

資産価値が下がったことによって部屋が空室になったり、家賃が減額になったりするのであれば、これは大問題です。しかし、所有している不動産の価値が上がろうが下がろうが、日ごろのアパート経営自体にはほとんど影響はないのです。

目次

不動産投資の良いところは、『市場価格が上がっても下がっても儲けるチャンスがある』ということ

f:id:orange345:20170327170707j:plain

さらに言えば、もしも本当に不動産の価格が下落したのであれば、それは我々アパートのオーナーにとって、チャンス到来を告げる鐘の音です。それは、これから不動産が安い価格で市場に放出されるよ~ん♪ というアナウンス(=お知らせ)だからです。

言うまでもないことですが安い価格で物件を取得することができれば、それだけ利回りは高くなります。利回りが高くなれば、キャッシュフローも良くなります。不動産投資をやる人間にとて、これほど嬉しいことはありません。

これがもしも株式やFXといった投資ならば、どうなるでしょうか? 株やFXの場合、「資産価値が下がる」ということは、『儲けが減ってしまう!』ということを意味しています。だから、株やFXと同じ感覚で不動産投資をやったら、ダメなのです! 

僕は「上がった~!」とか「下がった~!」とか言って、ハラハラ・ドキドキするような投資は嫌いです。僕は根がとっても「ビビり」です。だから、ギャンブルめいた投資には興味が持てないのです。

不動産投資の良いところは、『市場価格が上がっても下がっても儲けるチャンスがある』ということです。それは不動産投資というものが基本は、キャッシュフローを得るためにあるからです。 

いいニュースと悪いニュースがある

f:id:orange345:20170327073918j:plain

基本的に、不動産投資というのは、『高値で売りぬいて儲ける…』といったスタイルの投資ではありません。でも、そういった投資スタイルが、まったくないわけでもありません。ぞくに「キャピタルゲイン」と呼ばれるものです。いわゆる『売却益』です。

不動産投資においても、もちろんこの売却益を得ることはできます。そして、この売却益を利用することで、大儲けしている大家さんもたくさんいます。

僕はいつも、キャッシュフローとキャピタルゲインの両方の良さを大切にしながら不動産投資をやっています。不動産市場が高騰すれば、そのタイミングを見計らって、所有している物件を売りに走ります。

不動産市場が暴落すれば、そのタイミングを見計らって、積極的に物件を買いに走ります。そして、その売ったり、買ったりをくり返すことで、少しずつ資産を増やしてゆく…という作戦をとっているのです。

だから、「悪いニュース」というのは、必ずしも悪いだけのニュースではありません。「悪いニュース」も考えようによっては、良いニュースになり、「良いニュース」も考えようによっては、悪いニュースになってしまうものなのです。