読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに。自由に。

北海道でアパートの大家業をしてます。4人家族。映画が好き。猫が好き。北の国でなまらのんびり生きてます。“every cloud has a silver lining.” したっけ!

勇気を振り絞っていらない物を処分すれば運気が上がるという法則


f:id:orange345:20170326114951j:plain

みなさんそれぞれ、忙しい毎日をおくっていることと思います。

でも、その忙しさにかまけて、いろんなことが「そのまま」になっていませんか? 

本当は片づけなきゃいけないことなのに、なんだか面倒で、ほったらかしになっているものはありませんか? 

片づけなきゃいけないことというのは、決して物質的なことだけじゃありません。

  • 人間関係にしろ
  • 仕事のことにしろ
  • 将来について考えることにしろ

__問題をそのまま放置していたら、必ずあとからその問題があなたの足を引っ張ることになります。

ときにはじっくりと腰を落ち着けて、いろんなことを考える時間を持つことが必要です。


モノを少なくして、シンプルな暮らしをするように心がけるようにすれば、心もしだいに落ち着いていきます。

ぐちゃぐちゃのカオス状態の部屋で、何かを考えようとしたって、どうせロクなアイデアは出てきません。

今回はそんなモノを少なくすることが心に与える影響について記事にしてみたいと思います。

目次

過去の亡霊たちに、「いま」を占領されてはいけない

f:id:orange345:20170326215322j:plain

多くの人は、実は『過去』に囲まれて生きています。

あなたのまわりにあるすべてのモノは全部、あなたが過去に購入したり、人からもらったり過去のものです。

でも、いちばん大切なことは、「いま」です!

  • いま、何を考えるのか? 
  • いま、何をするのか? 
  • いま、何を食べるのか? 
  • いま、誰と会って、どこへ行くのか? 
  • etc

__過去の亡霊たちに、「いま」を占領されてはいけません。

過去は、過去。どうあがいても、その過去を変えることはできないのです。


気をつけなければ、そういった過去たちに幸せを奪われてしまいます。

過去にケリをつけましょう! 

ネガティブなことを彷彿させるモノは、全部、処分しちゃいましょう! 

会うたびにイヤな気分になるような人とは、縁を切っちゃいましょう! 

出社するたびにうつな気分になるような仕事は、やめちゃいましょう! 

過去に手足を縛られて、身動きが取れず、にっちもさっちもいかない状態になっている人が大勢います。

そういう人は、もう何もかも面倒になって、「もうこのままでもいいや…」なんて思ってしまっています。

そんなふうにふてくされて、すべてを投げ出してしまってはいけません。

あなたの部屋にあるモノには、疫病神がついている!?

f:id:orange345:20170326173113j:plain

あなたの家に「買ったけど全然使ってないもの」や「使うあてのないもの」なんかはないでしょうか? 

あるいは、「見るたびにイヤな気持ちになるモノ」や「むかしのイヤな思い出を思いだしてしまうモノ」なんかはないでしょうか?

そんなもの、この機会に一気に捨ててみてはどうでしょうか? 

なぜ、あなたの素敵な日常をそんなもののために犠牲にしなきゃいけないのでしょうか。

  • ものには魂が宿る

__といいます。

日本では『八百万の神』という言い方もありますね。

でも、それは「モノを大切にする」という意味ではありません。

すべての物質に神が宿るのであれば、持っている理由のないモノや、イヤな気分のするモノに宿る神はきっと、疫病神です。

疫病神を大切にする理由はありません。

丁重に扱い、「さよなら」を言ってあげましょう。

そして、あなたのまわりから疫病神を追い払ってしまいましょう! 

疫病神さんは疫病神さんで、きっとどこか落ち着ける場所を見つけるはずです。

その疫病神さんに居心地のいい場所が、「あなた」である必要はどこにもないんです。

見るたびに気分が落ち込むモノや、暗い気持ちになるモノには注意が必要です。

きっとそれには疫病神さんが取り付いているのです。

さっさと退出願いましょう! 

もしかしたら、あなたに幸福をもたらしてくれる神様は、今まで疫病神が棲み着いていたおかげで随分、肩身のせまい想いをしていたのかもしれません。 

疫病神は心のなかにも棲みついている

f:id:orange345:20170326155317j:plain

疫病神は、物質的なものにだけ存在しているわけではありません。

あなたの心のなかにも存在しています。

部屋の中にあるいらないものを処分して、モノに宿る疫病神さんにおいとましていただいたら、次はあなたの心の中にいる疫病神さんにも出て行ってもらいましょう。

あなたの心のなかにも随分、ゴミやガラクタがたまっているはずです。

モノを処分した勢いのまま、その心の中にたまったゴミやガラクタも処分しちゃってください!

 

  • イヤな思い出
  • 誰かから言われたあなたへの誹謗中傷の言葉
  • ふと耳にしてしまった自分に関する根も葉もないデタラメな噂
  • 夢にまで出てきそうなイヤな光景
  • 思い出したくもない顔
  • あなたを暗い気分にさせるすべてのもの日常的に抱えているさまざまなストレス
  • etc

__そういうあなたを苦しめるネガティブなものにおさらばするのです。

そういったものひとつひとつにも疫病神さんは棲みついています。

そして、あなたが幸せをなることを必死に妨害しています。

あなたはもっと楽しくて、幸せな人生をおくってもいいのです。

いろいろなしがらみや呪縛を振りきって、もっと自由に生きてもいいのです。

くだらないもののせいで自分の人生を棒に振るようなマネだけはしないように!

僕たちはいつの間にか「不必要なもの」をいっぱい抱え込んでしまっています。

その不必要なものたちは、僕たちの楽しい未来を妨害します。

でも、僕たちも悪いんです。

いつまでもそういうモノをそばに置き続け、その影響を受け続けていたのですから。

さっさと処分してさえいれば、苦しまずに済んだかもしれないのに。

あなたの心のなかに宿る疫病神たちは、きっとあなたにささやき続けることでしょう。

  • そんなことできっこない
  • お前には無理だ
  • バカな夢ばかり見てないで、もっと現実を見ろ
  • いったい何歳になったと思ってるんだ
  • etc…

__そうやって、あなたを自信喪失にさせるはずです。

そんなものに負けてはいけません! 

そういうネガティブな声を振りはらって、一歩前に前進すること。

それが「ものを捨てる」という行為なのです。