読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに。自由に。

北海道でアパートの大家業をしてます。4人家族。映画が好き。猫が好き。本当の豊かさは高い収入でもモノでもなく「自由な時間だべや」という信念のもと、なまらのんびり生きてます。“every cloud has a silver lining.” したっけ!

腐らないで頑張る。←これを意識すれば自分を変えることができる理由


f:id:orange345:20170326091611j:plain

今日は大晦日ですね。今年、最後の記事です。みなさん今年一年、ありがとうございました。

また来年もよろしくお願いします!

今年最後の記事ということで、少しポジティブなことを書いてみようと思います。

目次

僕は悩み多きサラリーマンだった 

f:id:orange345:20170326173125j:plain

脱サラ・起業して、自由気ままな毎日をおくっています。

でも、ここに来るまでの道のりは、決してラクではありませんでした。


自由になりたい」という夢を抱きつつも、自分の目の前に広がっている日常はそれとはまるで正反対のもの。

毎日ノルマに追われ、朝から晩まで働きづめの毎日。

そこから抜け出すための出口なんて、これっぽっちも見つけられませんでした。

結果的に僕は『不動産投資』というものに出合い、救われることになります。

でも、もし不動産投資というものと出会っていなかったら、僕の人生はどうなっていたかわかりません…。

今、自殺したり、うつになったりするサラリーマンが問題になっています。

僕は彼らの気持ちがよくわかります。


僕の場合、たまたま最後の一線を越えることなく、手前でなんとか立ち止まることができました。

でも、一歩間違ったら僕だってどうなっていたかわからなかった…。

そのことは今でもときどき考えたりします。 

自分を磨くことにエネルギーを注ぐ

f:id:orange345:20170326173105j:plain

ほんのちょっと前までの僕は、ルサンチマンをいっぱい溜め込んだ男でした。

 

  • 誰も自分のことをわかってくれない
  • 誰も自分のことを見てくれない
  • 誰も自分のことを評価してくれない


考えることといえば、そんなことばかり。

自信をなくし、生きてゆくことに疲れ果て、ため息ばかりの毎日をおくっていました。

でも堕ちるとこまで堕ちた僕は、その人生のどん底であるひとつの重要な気づきを得るのです。

それは、

  • 実は自分は何も変わろうとしていない

…という気づきでした。

はっとしました。

不平不満だけは一丁前。

だけど、いちばん重要な『自分を変えること』は、ずっとほったらかし。

僕はそのことに気づきました。

よく考えてみたら、自分自身が何ひとつ変わろうとしていないのに、

  • オレを見てくれ
  • オレを評価してくれ
  • オレを愛してくれ

…と主張しても、誰も振り向いてなんかくれません。

まわりに振り向いてもらいたかったら、振り向いてもらうだけの人物にならなきゃいけないのです。

自分の人生がうまくいってないのは、自分のせいだったのです。 

今いる場所がどんな場所であっても、決して腐らないようにしよう!

f:id:orange345:20170326114944j:plain

僕は自分を磨くことに一所懸命になってみようと思いました。

それまで他者に向けていたエネルギーを自分自身に向けてみようと思いました。

  • まわりを変えることはできません。

  • だけど、自分を変えることはできます。


僕は生まれてはじめて『 前向きに生きる。』ということを実践してみました。

意識的してそれまでとは違う生き方をしようと思いました。

それまで人を避けてばかりいたけど、たくさんの人にも積極的に会うように努めました。

会う人には明るい笑顔でこちらから挨拶をするようにし、握手を求めました。

もちろんすべてが受け入れられたわけではありませんでした。なかには握手を拒否する人もいました。

でも、それは僕の問題ではありませんでした。それは向こうの問題でした。

少なくとも僕は挨拶をし、握手を求めた。いちばん大切なことはそのことでした。

そうした実験の果てに、僕はついに「不動産投資」という鉱脈にたどり着つのです。

そのあたりの経緯については、このブログの中でも散々、触れていますので、ここでは詳しく書きません。

とにかく、僕の快進撃はここからはじまったのです!

でもそれやこれやを可能にしたのも、元はと言えば僕が『変わろう!』という意志を持ったからです。

人生にはいい時もあれば、悪い時もあります。

でも、いちばん大切なのは逆境の淵にあるときです。

その逆境の淵にあるときに腐らず、「改善しよう」という意思を持って取り組むことができる人。

そういう人は必ず最後には勝ちます。

あなたも今、さまざまな問題に直面し、苦悩を抱えているかもしれません。

就職にしても、恋愛や結婚にしても、子育てにしても、自分の理想とはほど遠い現実が目の前に立ち現れることがあります。

その時こそが勝負どころなのです。

その時こそが本当の意味での真価が問われるときなのです!