読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに。自由に。

北海道でアパートの大家業をしてます。4人家族。映画が好き。猫が好き。北の国でなまらのんびり生きてます。“every cloud has a silver lining.” したっけ!

これからは誰もが会社に頼らないでお金を稼げるようにならなければいけない


f:id:orange345:20170326155308j:plain

今回は「今みたいな時代を生き抜くためには自分で食いぶちを稼ぐ術を身につけておくべき」という話をしたいと思います。

目次

僕たちは、いったい誰の言うことを信じればいいのか?

f:id:orange345:20170402132047j:plain

僕は投資の世界に身を置いている人間です。

投資の世界に生きる人間は「これからどうなるのか?」ということに対してものすごく敏感です。

そんな未来のことばかり考えている僕たちも未来を完全に見通すことはできません。


どんなに優秀な経済アナリストもこれからの経済情勢がどう変化していくのかを完全に言い当てることはできないのです。

彼らは各々まるで正反対のことばかり言います。


ある人は「景気はますます良くなる」と言うし、ある人は「景気はこれから悪くなる」と言います。

「これからは円高になる」という人もいれば、「これからはドルが買いだ」という人もいます。

「いやいや、今こそユーロだよ!」という人もいます。

株の購入を勧める人もいれば、不動産の購入を勧める人もいます。

さて、僕たちはいったい誰の言うことを信じればいいのでしょうか?

 

会社勤めをしながら、いろんな変化に対応できるように準備しておく

f:id:orange345:20170327073907j:plain

投資をやる時にいつも僕が心がけているのは『いろんな声に耳を澄ます』ということです。

Aという人の話も、Bという人の話も僕は真剣に聞きます。

そしてそれぞれに内容についてきっちりと自分なりに分析します。

自分の考えや哲学、主観といったようなものはとりあえずは横に置いておいて、まずはいろんな人の言うことに耳を傾けます。

Aという人の話にもBという人の話にも必ず「なるほど!」と思わせる部分があります。

その両方を自分の中に取り込むことによって、僕は2倍の知識を獲得することができるのです。

こういった姿勢は非常に重要です。

このバランス感覚こそが投資の世界では役に立ちます。

どんな経済状況になったとしても、いちばん賢い選択をすることができます。


市場が上がってる時も、下がってる時も、どちらの状況でも収入を得られるようにしておきましょう!

景気がいい時にも景気が悪い時にもどちらでも儲けることができるようにしておくのです。

「変化」は必ずやってきます。

それを回避することはできません。

 

あなたが頼っている存在は、本当に頼りになるのか?

f:id:orange345:20170326215318j:plain

僕たちは常に変化の波にさらされています。

大学を卒業して、会社に無事就職することができたというだけで一生安泰という時代はもう終わったのです。

今はどんな大企業でもどうなるかわからないような時代です。

東芝がこんなことになるなんて想像できましたか?

シャープがあんな風になるなんて想像できましたか?

__そういった意味においては今をトキメクあの超優良企業も今後どうなるかわかったものではありません。

今後何十年にもわたって今の繁栄をキープできるという保証はどこにもないのです。

僕たちはそろそろそのことに気づかなければいけません。

目を覚まさなければいけません。

  • 大企業に就職できるだろうか? 
  • 安定した職業に就けるだろうか?
  • 公務員になれるだろうか? 
  • etc

__そんなことを気にするような時代は、まもなく終わりを告げようとしているのです。

本当の意味での「安定」というのは大企業に就職することではありません。

 

まとめ

f:id:orange345:20170326155302j:plain

自分の老後の不安や不安定さを会社や国家のせいにしてはいけません。

会社が正社員を嫌い、非正社員を好むようになったのは「もう責任を負いたくない」というメッセージです。

サラリーマンは自分の身は自分で守らなければいけない時代に突入しました。

そのためにもみなさんは『会社から毎月25日に振り込まれるもの』を頼りにしない生き方にシフトしなければなりません。

いちばん手っ取り早いのは投資をやることです。


投資家になるには何の資格もいりません。

そして今すぐにでも始めることができます。

すべては自己責任の世界なので、勤めている会社の業績とか景気とかに左右される心配もありません。

賢くやれば、給料と同等の(あるいはそれ以上の)収入を得ることもできます。

実際、僕みたいに投資からの収入だけで生活している人もたくさんいます。

だから、もしこの文章を読んでくれている20代、30代の方はどうか『投資』というものを毛嫌いしないでほしいと僕は思っています。

65歳になってもまだ働き続けなきゃいけないような道を選択するのか? 

それとも投資からの収入を得て本当の意味で「安定」した生活を送るのか? 

__選ぶのはみなさんです!

 

アメリカのトレーダー、リチャード・ワイコフはこんなことを言っています。

 

投資家は他人に依存する必要がなくなる。

たとえ小口のトレーダーであっても、事務所も、設備も、従業員も、お客も必要としない。

勤務時間もない。

毎日とか毎週とか毎月とか決めて働く必要もない。

 

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!