読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに。自由に。

北海道でアパートの大家業をしてます。4人家族。映画が好き。猫が好き。本当の豊かさは高い収入でもモノでもなく「自由な時間だべや」という信念のもと、なまらのんびり生きてます。“every cloud has a silver lining.” したっけ!

人と違うことを怖がらないで生きた方がいいこれだけの理由


f:id:orange345:20170327073943j:plain

 「あなたはどんな仕事をしているんですか?」と聞かれ、「アパートの大家をやっています」と答えると、10人中9人が怪訝そうな顔をします。さらに…「毎日、何をやっているんですか?」と聞かれて、「毎日? 特に何もやってないですね。好きなことしてますよ」と答えると、ますます怪訝そうな顔をされます。

もう慣れましたが、最初の頃はそのような反応をされることが嫌で嫌でしょうがありませんでした。この国では「どこかに勤めていない。」ということは、あってはならないことなのです。

自由気ままに生きていることは、「世捨て人」か、「悪いことをしているか」のどちらかだ? といった価値観がいまだ支配的なのです。自由に生きるということは、この国ではあまり尊重されていません。

この国では自由に生きることよりも、真面目に生きるということの方が尊重されるのです。むかし、アップルのCMのキャッチコピーに、Think Different(人と違うことを考えろ)。というものがありました。

この言葉は、「あるひとつの価値観を、ただ盲目的に信じているだけの人」に向けた強烈な異議申立の言葉です。この「あるひとつの価値観を、ただ盲目的に信じているだけの人」というのは、僕たちのまわりにもたくさんいるはずです。

学校にもいます。職場にもいます。家庭にもいます。ご近所にもいます。etc…。だけど、その人たちが必ずしも正しいというわけではありません。

目次

それまでの価値観に魅力を感じない若者たちが出現してきている

f:id:orange345:20170326215317j:plain

現在は激動の時代を迎えています。それまでよしとされてきた価値観が、ガラッと変わるような時代を迎えています。たとえば、汗水垂らして働いている人は、正しい。…という価値観があります。

この国に暮らす多くの人びとの頭に「ガチッ!」とロックされたこの価値観も、今、少しずつ揺らぎ始めています。世界に目を向けても、『労働』というものにそれほど重きを置かない生き方を選択する人が確実に増えてきました。

今までのように人生のすべてを会社に捧げるような生き方をするのではなく、「プライベートも重要視しよう!」という人も増えてきました。…それがいいことなのか、悪いことなのか、いまだに結論は出ていません。しかし、「以前とは違う価値観を持った人が出現してきている」ということだけは確かです。

こういった新しい価値観を持った若い層の出現は、経済界をも揺るがしています。今、全世界的に物が売れなくなってきています。新しい商品は次から次へと開発されるのですが、その商品自体を買おうとする人が少なくなってきているのです。

大量生産、大量消費の時代は、確実に終焉を迎えつつあります。若い人はもう、昔の価値観を押しつけられることにうんざりしているのです。「モノを買え」「モノを買え」といくら企業側が騒いだところで、若者たちはふり返りません。もう彼らは物質主義に染まった生き方に魅力を感じていないのです。

高度情報化社会が到来したことにより、若者たちは物質主義の社会が人間を幸福にしないという真実を知ってしまったのです。だから彼らは大きな買い物をしたがらないのです。

焦ったのは、おじさん達の方です。家? 車? そんなもん欲しくねーよ!…そんな若者が出現するなんて、おじさんたちは想定していませんでした。

今の若者たちは、何よりも「自由」を求めています。「自分らしく生きること」を求めています。「好きなことをやること」を求めています。

「物」とか「社会的ステータス」とか「肩書き」といったようなものには、今の若者たちは魅力を感じていません。…僕はそのような若者たちが出現してきたことを大変うれしく思っています。

今の若者たちの価値観やアイデンティティと僕の価値観やアイデンティティはぴったり一致します。そのおかげで僕のようなタイプの人間もやっと変わり者扱いされずに済むのではないか? とひそかに期待しています。

「となりの人と同じ生き方」ではなく、「となりの人と違う生き方」をしよう!

f:id:orange345:20170326173111j:plain

僕はもう人間の幸福を「職業」とか「モノ」で測る時代は終わった。…と思っています。これからさきのキーワードは、「自分が幸せだと感じる生き方をする」ということだと僕は思います。

そういう生き方は、決して簡単なことではありません。なかなか、「これ!」といったようなものを見つけられず、苦労することも多いと思います。

僕の場合は『不動産』というものを見つけました。しかし、それはいろいろ回り道をして、頭をいろんなところにぶつけた結果、見つけたものです。だから、あなたもいろいろと回り道をして、頭をいろんなところにぶつけてみましょう!

おじさん達が押し付ける価値観に反抗するんですから、それなりに苦労することは覚悟しておきましょう。だけど、その苦労が報われるときがきっとやってきます。

それまでは歯を食いしばって頑張りましょう! 人生は短いのです。時間を無駄にしてはいけません。

Think Different(人と違うことを考えろ)…そうです。これからは、「となりの人と同じ生き方をする」のではなく、「となりの人と違う生き方をする」ことがますます重要になってゆくのです。