読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに。自由に。

北海道でアパートの大家業をしてます。4人家族。映画が好き。猫が好き。北の国でなまらのんびり生きてます。“every cloud has a silver lining.” したっけ!

社会人になったら学歴なんて関係なくね?←これ、真理。


f:id:orange345:20170327073957j:plain

僕はこれまでたくさんのお金持ちの方々と出会ってきました。「がっつり儲けている人たち」です。不思議に思われるかもしれませんが、そういう人たちは必ずしも学歴が高いわけではありません。大学のレベルもたいしたことなく、なかには高校しか出ていない人もいます。

彼らの多くはとくにこれといった資格を持っているわけでもなく、なにか試験に合格していまの地位を築き上げたというわけでもない…。僕は彼らを見ていて、「勉強すること」と「お金持ちになること」とのあいだには本当に関連性があるのだろうか? と、いつも考え込んでしまいます。

多くの人たちは子供たちに「勉強しろ。勉強しないと、大人になったときに苦労するぞ!」と言います。また、社会人になっても「いろいろな資格を取っておかないと、これからますます不利になるよ!」なんて言われたりします。本当にそうなのでしょうか?

知り合いの大家さんと話していたときにとても印象に残る話をその大家さんがしていました。その大家さんはまだ20代の若い頃から次から次へと投資物件を購入していました。僕は「すごいですね。よくそんな勇気がありましたね」と言うと、その大家さんは笑いながらこう答えました。「そうなんだよ! もうバカとしか言いようがないよねー!! でも、そのおかげでこうして悠々自適な毎日をおくれているのだから、世の中わかんないもんだよねー。

…僕はここにすべての答えがあるように思えるのです。

目次

勉強ができる・できないということは、収入と直結していない

f:id:orange345:20170326114935j:plain

勉強好きの人はたしかに頭は良くなるかもしれません。しかし頭が良すぎることにより、行動に移せない人がたくさんいます。あまりにも膨大な知識を頭に入れすぎて、バカになりきれないのです。

投資やビジネスは、どこかでバカにならなければできないところがあります。「えいやっ!!!」とひと勝負するときに、膨大な知識が邪魔になるときがあります。

「非合理的だよ」「裏付けがないよ」「予測がつかないよ」etc…。そんなこんながあなたの足をいちいち引っぱるのです。テストの点数の高さや、むずかしい資格の取得が収入に直結しているわけではありません。

お金を得るためには『お金を得るための行動』をしなければいけないのです。残念ながら勉強は、その「お金を得るための行動」とは言えません。あなたは知識を増やしたいんじゃないですよね? あなたは収入を増やしたいんですよね? 

また、お金持ちの方は決断も早いのが特徴的です。良いビジネスチャンスが目の前にやってきたら、一目散に「それを奪取しよう」と考えます。

一方、頭のいい人は決断が遅いのが特徴です。せっかくのビジネスチャンスが目の前に転がり込んできても、「うーん、どうかな~?」と腕を組んで考え込むだけで、一向に行動に移そうとしません。

そうやって考え込んでいるうちに誰かがスルスルスルっとやってきて、ヒョイっとそのチャンスを持っていってしまうのです。これが世の常なのです。 

本当にできる人というのは、資格なんかに頼らなくても実績を上げることができる

f:id:orange345:20170326091535j:plain

資格取得に躍起になるのも貧乏な人の特徴です。「資格を活かして、活躍を…」と目論んでいるのでしょうが、それはお門違いです。

本当に実力のある人は資格なんかなくたって、営業成績は常にトップです。ほかの営業マンがカリカリ勉強しているあいだに営業戦略を立てたり、顧客に電話をしたり、新規開拓をしたりするから、ますます成績はアップしていきます。

企業側だって「資格がたくさんある能力のない人」よりも「資格はないけど、会社に貢献してくれる人」の方を大切にしたいと思っています。膨大な時間とお金を費やし、死ぬほど勉強して、やっと取得した資格や、合格した試験が実はあまり意味がないものだとしたら…。あなたはどう思いますか? 

本当のお金持ちはそんなことにお金と時間をかけたりしません。ビジネスをやるうえでもしも本当にある資格が必要になったら「その資格を持っている人を雇う」という方法を採用します。

自分でわざわざ勉強するなんてというまわりくどい方法はとらないのです。勉強することは大切なことだと思います。しかし、勉強さえしていれば、それでいいんだ。…と考えるのは、危険なことです。

同じバカなら、『チャレンジする、バカ』になりましょう。決して『勉強バカ』にだけはならないように…!