読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに。自由に。

北海道でアパートの大家業をしてます。4人家族。映画が好き。猫が好き。北の国でなまらのんびり生きてます。“every cloud has a silver lining.” したっけ!

心の底からお金を好きになるとお金が集まってくるワケ


f:id:orange345:20170326091612j:plain

僕はこのブログのなかでお金についていろいろ書いています。

  1. 収入を増やすこと
  2. 支出を減らすこと

…どちらもお金というものを考えるうえで非常に重要なことです。

でも、これらのことについて考える前に、まず、絶対に知っておかなければならないことがあります。

それは、

  • お金を好きになる。

…ということです。

これは非常に重要なことです。

このことの大切さを知らなければ、いくらお金に関するノウハウやテクニックを学んだところで、お金の悩みから解放されることはありません。

不動産投資というものと出会う前の僕は、お金のことを嫌ってばかりいました。

だから、お金持ちになれなかったのです。

それが今回の記事のテーマです。

目次

お金を好きになればお金に好かれる

f:id:orange345:20170327170646j:plain

みんなお金が大好きです。

みんな「お金がほしい」と思っています。


でもその反面、僕らは普段、お金というものに対してどこか一定の距離をとってしまっています。

なかにはお金持ちを見るや、

  • ふん、どうせ何か悪いことでもやってるんだろう
  • お金持ちは根性がひん曲がっているんだ
  • 金の亡者だ!

…というようなことを言ったりする人もいます。


お金のことを好きなくせに、そうやってお金のことを悪く言ったりしてしまう。

でも、お金持ちの方たちにはあまりそういうものはありません。


ここが僕ら彼らの違うところです。

恋愛や人間関係に置き換えてみたらよくわかります。


誰かのことを好きになったり、誰かに好意を寄せたりすると、相手も自分のことを好きになってくれたりします(まあ、全部が全部じゃないけどね…)。

お金というものも僕たちが心の底から好きになれば、僕たちのことを好きになってくれるのではないでしょうか?

お金にはそういう性質があります。

貧乏な人や、お金に恵まれない人ほど、お金のことを悪く言うものです。

それは、お金の愛情に飢えているがゆえの言動なのかもしれません。

でもそのお金の愛情に飢えているのは、お金のことを愛さなかった自分のせいでもあるのです。

お金はお金を嫌う人のところには寄り付きません。

猫が猫嫌いな人のところに寄っていかないのと一緒ですね!
 

 

でもあれって、不思議ですよね。

猫って、なんで「あっ、この人、猫嫌いの人だ」ってわかるんだろう?
 

お金のネガティブな側面にばかり目を向けていたら、お金のことがどんどん嫌いになってゆく 

f:id:orange345:20170327073911j:plain

  • お金というものを色メガネで見ることをやめてみませんか?
  • お金のことを心の底から好きになってみませんか?
  • もっとお金と仲良くするようにマインドシフトしてみませんか?


お金に対する考え方をほんのちょっと変えるだけで、お金が自然に集まってくるようになるものです。

僕が知ってるお金持ちの方々は、みんなお金と非常に良好な関係を築いています。


誰もお金のことを悪く言ったり、バカにしたりしません。

お金というものは生きていくうえで無くてはならないものです。

僕たちの人生の基礎となるものです。


ある意味、「僕たちの人生そのもの」と言ってもいい。

それほど大きな存在であるにも関わらず、僕たちは普段、お金というものに対してどんな態度をとっているでしょうか?

そういえば、僕たちがお金に関して耳にする情報といえば、いつもネガティブなものばかりです。

そういうお金に関するネガティブな情報にばかりに触れていると、だんだん、

  • お金というのはネガティブなものなんだ

…と思い込むようになります。

そうなると、お金持ちを見ただけで嫌悪感が走るような体質になってしまうのです。

でも、お金って、そんなに下品なものでしょうか?

食卓を囲みながらビジネスの話や投資の話をすることって、そんなにおかしなことなのでしょうか?

もしかしたら、家族全員をハッピーにしてくれるかもしれない話題なのに、どうしてその話をすることはタブーなのでしょうか?

本当に怖いのはお金か? 人間か?

f:id:orange345:20170326114953j:plain

僕らがときどき目にする、お金が原因によって起こる悲惨なニュース。

あれだって、お金には何の罪はないのです。

お金は何も悪くない。

ただそこに存在しているだけです。

悪いのはお金を上手に使いこなせなかった人間の方です。


いちばん恐ろしい存在なのは、人間なのです。

包丁は人を殺す道具になります。

でも同時に美味しい料理をつくる道具にもなります。


包丁による殺人事件が起こったからといって、包丁そのものが悪いわけでありません。

 

お金の問題にケリをつけたかったら、まずはお金と仲良くすることからはじめてみませんか?