読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに。自由に。

北海道でアパートの大家業をしてます。4人家族。映画が好き。猫が好き。本当の豊かさは高い収入でもモノでもなく「自由な時間だべや」という信念のもと、なまらのんびり生きてます。“every cloud has a silver lining.” したっけ!

マイルールを押しつけてくる人に遭遇して困った時の対処法


f:id:orange345:20170326155305j:plain

みなさんはある人から「その人なりのマイルール」を押しつけられ困った経験はありませんか?


今回はそんな時、どうしたらいいのかについて書いてみたいと思います。

目次

「自分の世界」と「現実の世界」とのギャップに苛立つ人

f:id:orange345:20170326173057j:plain

あなたのまわりに「勝手に怒ってる人」っていませんか? 

誰も怒ってないのに、一人で勝手にプリプリしている人。

誰も問題にしていないのに一人で勝手に「問題だ!」と大騒ぎしている人。

「そこまで怒る必要ないんじゃない?」と思えるようなキレ方をして、周囲の人を驚かせるような人。

__いますよね?

そういう人をみていると、実にいろんなことを学ぶことができます。

こういう人は『視野が狭くなっている人』です。

目の前のことしか考えることができず、まわりが見えなくなってしまっている人です。

もちろん本人は本気です。

でも「今ここでキレたら、まわりはどんなふうに思うだろう」という想像力が欠如しています。

そういう人は自分だけの世界に生きています。

その自分だけの世界には自分なりのルールがあり、自分なりの正義があります。

でもそのルールや正義は必ずしも現実の世界と符合しているわけではありません。

それが彼ら(彼女ら)を苛立たせます。 

自分のルールを他人にも守らせようとしている人たち 

f:id:orange345:20170326091605j:plain

自分で勝手にルールをつくって生きている人はとても厳しくそのルールを守ろうとします。

自分にも厳しいですし、他人にも厳しいです。

その人にとっては自分で考えたルールが一番なのです。

それは絶対に守らなければいけません。

自分が守っていないことはもちろんイヤですが、他人が守っていないこともイヤです。

我慢できません。

だからなんとかして他人にもその自分のルールを守ってもらせようとします。

時には「強要」することさえあります。

だけど多くの人はそんなルール知らないし、ハナっから守る気はありません。

だから次から次へとルールを無視していきます。

それが許せないのです!

その人は厳しいノルマを課せられた真面目な営業マンのように、なんとか基準をクリアしようと頑張ります。

ノルマを達成しようと必死になります。

だけどそのノルマはなかなか達成することができません。

そうすると、当然イライラしてきます。

自分にも腹が立つし、まわりにも腹が立つ。

だから一人でプリプリしているのです。

ちょっと待ってください!

そんなノルマ、誰も「やる!」なんて言ってませんよ。

その人がどんなルールを守っているのかなんてことはこっちは知ったこっちゃないのです。

たとえ知ったとしても、そのルールを守る義務はこちらにはないのです。

まとめ 

f:id:orange345:20170326091604j:plain

いろんなルールに縛られて生きるのって、苦しくないですか? 

そのルール、やめませんか? 

一人で勝手に怒るのって疲れませんか? 

そんなに必死になって「守ろう。守ろう」としなくても、あなたは十分ハッピーな人生を送れるはず。

いやむしろ、「やれをやらねば」「これをやらねば」というものをどんどん無くしていった方がハッピーな人生を送れるのではないでしょうか。


だからそんなに力まないで!

そんなに正義感をふりかざさないで!

そんなに厳しくならないで!

もっといろんなことを許してあげましょう。 


人がやることを許してあげましょう。

自分がやることも許してあげましょう。

そんなに歯を食いしばって生きなくても、人生というのはもっとラクに生きられます。

少し肩の力を抜いて、猫みたいにのんびり生きてみましょう。

他人に向けた刃はいずれにブーメランのように自分に帰ってきます。

「物事をより複雑に、よりシリアスに、より面倒にしていたのは自分の方だった」ということに早く気づきましょう。


あなたが心配していることは多分起こりません。

大丈夫です。

だからこれ以上そんなに必死にならないでください。

あなたのまわりの人たちは平然とした顔して生きていますよね?

あなただけが「なんで、みんなこういうふうにしないの?」と思ってるだけなのです。

それはあくまでもあなたのルール。

あなたが勝手に作ったルール。

  • あなたの常識
  • あなたの基準
  • あなたのモノサシ
  • etc


誰もそんなルールがあることなんて、知りません。

誰もそんな基準があるなんて、夢にも思っていません。

だからまわりの人は何であなたが一人でプリプリしているのかわかりません。

まさかあなたが「何でみんなもっときちんとしないの!」ってことで怒ってるなんて夢にも思っていません。

どうか冷静に。

 

デール・カーネギーはこんな言葉を残しています。

 

はちみつを手に入れたいなら、蜂の巣を蹴落としてはいけない。

 

自分の「怒り」タイプを知ってコントロールする はじめての「アンガーマネジメント」実践ブック

自分の「怒り」タイプを知ってコントロールする はじめての「アンガーマネジメント」実践ブック