シンプルに。自由に。

北海道でアパートの大家業をしてます。4人家族。映画が好き。猫が好き。北の国でなまらのんびり生きてます。“every cloud has a silver lining.” したっけ!

個人と法人とでは銀行の信用度が全然違うという話


f:id:orange345:20170327114701j:plain

銀行からお金を借りる際に、最も重要なことは『信用』です。いくら立派な事業計画を練っても、いくら商売に対する熱意や情熱があっても、この信用がなければダメです。

銀行は僕たちに信用を求めています。彼らは誰でもかれでもお金を貸すわけにはいかないのです。信用のある人にだけ融資するのです。その融資の条件には、『一定の信用力』が必要となるのです。

信用できない人間にお金を貸すほど、銀行も暇じゃありません。

たとえば、あなたが銀行の融資係になったと仮定してみてください。そこへある日、派手な格好をした若い兄ちゃんが、サングラスをかけて、肩をいからせてやってきて「お金を貸せ」と言ってきたら、あなたならどう思いますか? そんな人物にお金を貸そうと思いますか? そんな人物のことを信用できますか? 

これは極端な例ですが、融資を断られる人というのは、銀行から信用を得ていない。…ということなのです。そこは受け入れるしかありません。残酷なことを言うようですが…。

どんなに誠実な態度を示しても、どんなにきっちり事業計画を練っても、ダメなときはダメです。融資はあっさり断られます。それだけ信用を獲得するということは難しいことなのです。

目次

法人化にすると、銀行からの信用度がグッとアップする

f:id:orange345:20170327073931j:plain

銀行から信用を引っぱりだすのは、なかなか容易なことではありません。しかし、こちらとしても諦めるわけにもいきません。何かいい方法はないでしょうか…?

銀行の審査を通過するためには、いくつかの条件があります。本人の属性はもちろんのことですが、担保として提供する不動産の価値や、連帯保証人の保証能力なども審査の対象となります。

もちろん、そこに人柄や、事業意欲、きちんとした事業計画を練っているかどうか?…なども加味されます。そういったさまざまな条件を提供して、まずは話を聞いてもらわないことには前に進みません。

でも、なかなか話を聞いてもらうことは難しいのです。だいたいが話を聞いてもらえないまま門前払いされてしまいます。でも、僕がおススメするこの方法を利用すれば、銀行の人は話を聞いてくれる確率が高くなるかもしれません。

僕がおススメしたいのが、法人成りすることです。個人事業主が会社を設立することを、『法人成り』といいます。やっぱり、個人のままでは限界があります。個人のままでだったら、継続的に銀行から信用を得るのはかなり難しいはずです。

だから、事業がある程度、軌道に乗ったら、みんな積極的に法人成りをします。会社(法人)にすると、いろんなことが有利に展開していきます。個人のときには決して享受することができなかった特典が法人にはいっぱい用意されています。

まず、法人になれば銀行から邪険に扱われることがなくなります。なぜ、銀行は態度を変えると思いますか? それは法人という存在が個人に比べて圧倒的に『信用』があるからです。

法人になるということは、「僕は本気です」「僕は儲かっています」「今後も末長く事業をやっていきます。「その意欲があります」という最大のアピールになります。法人になるだけで、それだけ本気だと相手に思わせる効果があるんです。

銀行側から好印象を受けるためにはどうすればいいのか?

f:id:orange345:20170326215318j:plain

それから、法人になるということは、儲かってることの裏返しでもあります。法人成りする人のほとんどが税金対策のために法人成りします。日本は累進課税制度なので、儲かれば儲かるだけ税金をたくさん納めなければなりません。

でも法人になれば、節税上のメリットも出てきます。みんなそれを狙って法人化に踏み切るのです。そうやって法人成りするということは、それだけ『税金のことで悩んでいる』ということでもあります。

税金のことで悩むということは、それだけ儲かっているということの裏返しでもあるんです。たいして儲かってもいないのに法人化にしたって何の意味もありませんからね…。


銀行側に『儲かっている』と思われるということは、それだけ信用を獲得するということでもあるんです。その結果、「この会社に融資しても大丈夫だ」「この会社は返済能力がある」というふうに判断されることになります。そのように銀行から評価されたら、俄然、審査も通りやすくなります。

法人になるということは責任が伴います。株式会社なんかの場合はなおさらです。カンタンに「やっぱり、やーめた!」というわけにはいきません。その辺りも信用につながる直接的な要素となります。

つまり、法人になれば、銀行側に好印象を与えることができるのです。少なくとも、個人のままでいるよりはいいでしょう。法人になるだけで、こっちが一生懸命にアピらなくても、「おっ、こいつは本気なんだな」と好印象を与えることができちゃうんです。

…そうなると、融資の審査も通りやすくなります。これは、とても重要なことです。とくに銀行とお付き合いしていかなくてはいけない業種なんかの場合は…。法人になっただけで信用を得られる。…ということを知っているだけでも、かなり有利にビジネスを展開していけるのではないでしょうか。