読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに。自由に。

北海道でアパートの大家業をしてます。4人家族。映画が好き。猫が好き。北の国でなまらのんびり生きてます。“every cloud has a silver lining.” したっけ!

自己中を治したいと思ってる人にこそ読んでほしいコト


f:id:orange345:20170326000345j:plain

人間関係に悩んでいる人というのは、意外に多いものです。

僕もサラリーマンをしていた頃には、この人間関係ってやつに随分悩まされたものです。

もしかしたら、人は何らかのかたちで人間関係の悩みというものを抱えているのかもしれません。

それは必ずしも学校とか、職場とか、友人関係といった「外にある人間関係」だけではありません。

自分の両親とか、自分の子どもといった「内にある人間関係」で悩んでる人もたくさんいるのです。

人間は社会的な動物だ」とよく言われますよね。

たしかにその通りだと思います。

僕たちは一人では生きてゆくことができません。

だけど、社会性があるということはそれだけ人と触れ合う機会が増えるということ。

すると、どうしてもそこに摩擦が起こることになります。

人はそれぞれ考えていることが違います。価値観が違います。好みが違います。

…だから、どうしてもそこには衝突が起きてしまうのです。

今回はそのあたりについて書いてみたいと思います。

目次

あらゆる問題の根っこには人間関係がある 

f:id:orange345:20170329090202j:plain

はっきり言って僕はこの『社会性』ってやつが他の人よりも欠落してると自分では思っています。

だから、このような人と違う人生を歩むことになったのです。

すべての人が僕みたいな人間になってしまったら、社会は大変なことになると思います。

でも、社会に適合することだけを第一主義に掲げ、いつもいつも我慢ばかりしていたら行き詰まってしまいます。

時には、自己主張するのもいいと僕は思います。

ただし、そうすると人間関係の悩みを抱えるリスクはグッと高くなります。

なぜなら、人間関係の悩みとはこの自己主張が原因で起こることが多いからです。

国家の問題も、宗教の問題も、民族の問題も、etc…。

ありとあらゆる問題の根っこには人間関係があります。


そこに人がいて、もうひとり人がいたら、そこにはどうしても問題が起こります。

きっと地球から遠く離れて仕事をしている宇宙船のパイロットたちのあいだにも人間関係の問題は存在していることでしょう。

『自我』の囚われの身となってる僕たち

f:id:orange345:20170326215334j:plain

僕はよく人から「わがままだ」とか「自分勝手だ」と言われますが、僕に言わせれば、みんなだって相当、わがままで自分勝手です。

だって、みんな人間関係の悩みを抱えていますよね? 

人間関係で悩むということは、その時点でもうすでにわがままで、自分勝手なのです。

「自分が、自分が…」という想い。

この想いのことを『自我』というらしいのですが、多くの人はこの自我を解放することができずに苦労しています。

…たぶん、あなたもそうだと思います。

  • オレが
  • 私が
  • オレたちが
  • 俺たちの国が
  • 私たちの民族が
  • 我々の会社が
  • etc


僕たち人間は自我によって縛られているのです。


でも、その自我をつくり出したのは、ほかでもない僕たち自身。

僕たちは自分たちがつくり出したもののために苦しんでいるのです。

その衝突が発展していったものが、まさに戦争です。

  • 資本主義が正しいんだ
  • 共産主義が正しいんだ
  • キリスト教が正しいんだ
  • イスラム教が正しいんだ
  • 俺たちの国が正しいんだ
  • 俺たちの法律が正しいんだ
  • 俺たちの民族が正しいんだ
  • 俺たちの会社が正しいんだ
  • etc



その『自分が正しい!』という想いが人々を苦しめるのです。

でも、その正しさが単なる思い込みだったら、どうします?

「オレは正しい」と思った瞬間に、もう悲劇はスタートしている

f:id:orange345:20170326114938j:plain

「オレが正しい」「お前は間違っている」と言った瞬間に、もうすでに悲劇は始まっています。

その瞬間、人は自分以外の人間のことを区別するようになり、その引かれた一本の線がやがて差別や憎悪を生んでいきます。

いま、世界中で起こっているさまざまな悲劇は、みんなこの一本の線からスタートしているのです。

僕は散々、人間関係のことで悩んできました。

だけど、それは僕が自分のことしか考えられない『自己チュー』な人間だったからだったからなのではないか?と、最近思うようになりました。

僕の自我(=エゴ)は、自分でも気づかないうちに巨大なものになってしまっていたのかもしれません。

僕はとんでもない自己中心的な人間です。

「自由になりたい!」という自分の欲求を満たすために、組織を飛び出し、脱サラ・起業したのですから。

そんなことができるのは、よっぽど自己中心的な人間だけです。

でも、その自分勝手な行動のおかげで、僕は圧倒的な自由を獲得することができました。

そして、人間関係の悩みからは完全に解放されました。

でも、人間関係の悩みとは無縁の生活をおくるようになって、冷静に自分の人生をふり返ってみると、すべての問題の原因は僕にあったのではないか?と思えてきます。

 

  • 僕があんなに人間関係で苦しんでいたのは、僕がわがままで、自分勝手だったからなのではないか?

…僕は自分のことを人間関係における被害者だと勝手に思っていたけど、実は加害者だったのかもしれません。