読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに。自由に。

北海道でアパートの大家業をしてます。4人家族。映画が好き。猫が好き。北の国でなまらのんびり生きてます。“every cloud has a silver lining.” したっけ!

キャリアアップのための資格を取る意味について僕が思うこと


f:id:orange345:20170327073911j:plain

「キャリアアップ」という言葉がもてはやされています。みんな少しでもいい資格を取ろうと思って、必死になってスクールに通ったり、通信教育を受けたりしています。その資格を取れば、出世をするにも、転職をするにも有利になるというわけです。

僕は基本的に勉強というものが大の苦手なので、彼らのようなマネは到底できません。そんな勉強のできない僕ではありますが、「何かを学ぶ」ということは毎日実践しています。

ただ僕の場合、その学ぶ対象も、目的も、方法も彼らとは全然違います。僕が毎日学んでいるのは、いかにして自分のやっているビジネスや投資がより良くなるか? ということについてです。

なぜそんなことを学んでいるのか? といえば、そのことを学べば学ぶほど、会社の経営が盤石なものになるからです。会社の経営が安定すれば、こころの平安が得られます。会社の経営が安定すれば、自由な時間が増えます。

そのことは僕にとっても、僕の家族にとっても喜ばしいことになるのです。そして、僕がどうやってそれを学んでいるのか? といえば、それは「ビジネスの現場」で学んでいます。どこかの教室で学ぶわけでも、高い教材を購入するわけでもありません。

いろいろな人と会い、「ああでもない、こうでもない」といろいろな話し合いをします。そうやって、ひとつひとつ僕はいろんなことを学んでいます。そのことは僕を賢くしています。僕が賢くなればなるほど、ビジネスはうまくいき、ビジネスがうまくいくと、会社の経営も安定してゆくのです。

目次

あなたの資格や学んだことが本当の意味で活きるのはどんな時か?

f:id:orange345:20170327170644j:plain

キャリア・アップを目指して、資格を取ったり、何かを学んだりすることはいいことだと思います。その情熱に水をさすつもりは、まったくありません。ただ、そのパワーのほんの数パーセントを「自分のビジネスのため」に使うことはできないでしょうか?

結局、どんな資格を取ろうとも、どんなことを学ぼうとも、その人が『勤め人』であり続けるかぎり、いつまで経ってもその資格や学びはその人のビジネスのために役に立つことはありません。

なるほど、出世をすれば年収は高くなるかもしれません。今よりも良い会社に転職すれば、それだけキャリア・アップしたことにもなるでしょう。だけど、勤め人であることには変わりはありません。

勤め人という枠の中にとどまっている限り、あなたが必死になって取得した資格や学びは本当の意味では活きてこないのではないでしょうか? なぜなら、あなたがその資格や学びを活かして活躍すればするほど喜びのは、あなたを雇い入れた会社の社長だからです。

あなたはその会社の社長のフトコロを喜ばせるために、眠い目をこすりながら必死に勉強したのですか?…違いますよね?

キャリア・アップという概念がない生き方のススメ

f:id:orange345:20170326173111j:plain

人間は権威に弱い生きものです。「○○という資格を持っている」とか、「○○大学を卒業した」というだけで、その人のことをスゴイ人だ、と簡単に尊敬してしまうところがあります。

僕も昔は、すごい資格や学歴を持っている人のことを単純に「すごい人だなぁ…」と思っていました。しかし、社会に出て、いろいろなことを経験してゆくうちに、本当にすごいことは資格とか学歴とか肩書とかではない。…ということを学んでいきました。

今の僕は目の前の相手が医師免許を持っていようが、東大卒であろうが、いっさい動じることはありません。おかげさまで、ビジネスの現場でいろいろな修羅場をくぐるうちに、すっかりそういった「上っ面の部分」に対する免疫がついてしまったのです。

「医者なのに、家族を裏切って生きているサイテーな人間」というのを僕はたくさん見てきました。「高学歴なのに、能力がまったくない人間」というのを僕はたくさん見てきました。

スゴイ人というのは、何の資格も持っていなくても、学歴が低くてもスゴイ人なのです。僕はそういうスゴイ社長さんというのをたくさん知っています。そういう社長さんたちは、自分が何の資格もなく、勉強ができないということをまったく気にしていません。それどころか、そのことをギャグにして笑い飛ばしたりしているのです! 

彼らの中には「キャリア・アップ」という概念がありません。彼らは誰かに雇われているわけではありませんから、キャリアをアップさせる必要がないのです。

僕も何の資格も持っていません。学歴も高くありません。だけど、今となってはそんなことは本当にどーでもいいことになってしまいました。だけど、これからも学びだけは続けていきます。そして、どんどん賢くなっていきたいと思っています!