シンプルに。自由に。

北海道でアパートの大家業をしてます。4人家族。映画が好き。猫が好き。北の国でなまらのんびり生きてます。“every cloud has a silver lining.” したっけ!

僕が金持ちであるより時間持ちであることを選択した理由


f:id:orange345:20170326114942j:plain

 僕はセミリタイア生活をおくるようになって、もう何年にもなります。

一般的に「セミリタイア生活」という言葉を聞いてイメージされるのは、

  • 悠々自適に暮らすセレブ
  • 事業で成功をおさめた成功者

__といったものでしょう。

でも、僕はそういう生活をおくっているわけではありません。


僕はセミリタイア生活をおくっているのであって、大富豪たちのような完全な「リタイア生活」をおくっているわけではないのです。

この違いは、結構大きいものがあります。

目次

僕はお金は持ってないけど、時間は持っている

f:id:orange345:20170327073953j:plain

はっきり言って、僕はそれほどリッチじゃありません。

僕の今の暮らしぶりは、極めてシンプルで、質素です。

皆さんの方が年収は高いかもしれません。

でも、僕には皆さんが持ってないものを持っています。

時間』です。

お金持ちではないかもしれないけれど、その代わり僕は大量の時間を持っています。


僕は自由な時間を得たくて、このような生き方を選択しました。

不動産投資なんてものをやりはじめた理由も、「時間が欲しかったから」です。


でも、僕は今の暮らしがとても気に入っています。

確かに「もうちょっとお金があったらいいのになぁ…」と思うことはあります。

だけど、ないものはないんだから、しょうがない!

ないなら、ないなりにやっていくしかありません。

僕は時間を得るために投資をやりはじめた

f:id:orange345:20170326173111j:plain

お金をたくさん得ようと思ったら、たくさん働かなきゃいけません。

そうなると、自由になる時間は減ってしまいます。


それは僕にとって、ものすごいストレスなのです。

耐えられないくらい苦痛なことなのです。

僕はそういうタイプの人間なのです。

僕はこれまでの人生の中で、

  • 「もっと欲しい、もっと欲しい」という人間の欲望がいかに危険なものであるか

__ということを嫌というほど学んできました。


不動産の世界に身を置いていると、実にさまざまな人間ドラマを目撃することになります。

人間の欲望には際限がありません。

どこかでブレーキをかけなければ、そのまま暴走してしまいます。

僕はそうやって暴走を止められずに、人生を破滅させていった人をたくさん見てきました。

  • もうこの辺でいいよ。

__というラインを自分の中で設けること。

そして、それ以上は求めないようにすること。

それって、実はかなり重要なことなのです。

投資』という資本主義のシステムを利用して生きてる僕みたいな人間がこんなことを言うのは、ヘンに聞こえるかもしれませんが…。

でも、僕は時間を得るために投資をやり始めたのです。

決して、「お金を得るため」にやり始めたのではないのです。

本当の豊かさとは何か? 本当の贅沢とは何か?

f:id:orange345:20170326173055j:plain

僕の毎日は、まさに『自由そのもの』です。

不動産投資というのは、基本的には不労所得。

会社に行ったり、営業したりする必要はありません。

だから僕はみなさんが会社に出社する頃にはゆっくり散歩をしたり、読書をしたりして過ごしています。

みなさんが残業をして働いている頃には家族との夕食を楽しんだり、海外ドラマのDVDを観て過ごしています。

あるいは、もうグッスリ寝ちゃってるかもしれません。

こういう生活をするようになってつくづく考えるのが、

  • 本当の豊かさって、何なんだろう?
  • 本当の贅沢って、何なんだろう?

…ということです。


今の僕には営業ノルマもなければ、職場の人間関係の悩みというものもありません。

『投資家』なんてことを職業にしているせいで、人から誤解をされることもあります。

でも、そんなことは些細なことです。

自由な時間を満喫し、24時間「巣のまま自分」でいられるこの幸せは、何ものにも変えがたいものがあります。

誰かに合わせる必要もないし、誰かのご機嫌をとる必要もありません。

  • 年収1,000万円? 2,000万円? それが、どうしたの?

__といった感じです。

たくさんのお金を稼ぐことは、僕にとって、さほど重要なことではないのです。

金銭的な豊かさとか、贅沢をすることなんて、僕が毎日味わっている『自由』に比べたら、大したことないことなのです。

僕にとって、メルセデス・ベンツは必要のないクルマである

f:id:orange345:20170326000410j:plain

生活レベルをひとつか、ふたつ落としてみましょう!

  • あえて、少しだけ貧乏になってみる。

__ということを楽しんでみましょう!

そうすれば、きっと世界はだいぶ違ったものに見えてくるはずです。

物質的に満たされるよりも、精神的に満たされる方を重視してみるのです。

そうすればきっと、あなたが抱えているさまざまな悩みも少しは軽減されるはずです。


実際にワンランク下の生活をしてみればわかります。

お金を稼ぐことだけが人生のすべてではありません。

  • お金こそが最も価値のあるものである

__という恐ろしい考え方のせいで、どれほど多くの人が苦しんでいるでしょうか? 

メルセデス・ベンツ?

今の僕の暮らしにとって、まったく必要のないクルマです。

タダでくれる」と言われても、いりません。

そんなもの、僕に言わせれば維持費がかかるだけの厄介なもの以外の何ものでもありません。