シンプルに。自由に。

北海道でアパートの大家業をしてます。4人家族。映画が好き。猫が好き。北の国でなまらのんびり生きてます。“every cloud has a silver lining.” したっけ!

勝ち組大家さんになるために「法人化」は絶対必要な理由


f:id:orange345:20170327114651j:plain

僕は37歳のときに起業し、その後すぐに会社を設立しました。いわゆる「法人成り」をしたということです。会社といっても、社員は僕と父のふたりだけ。個人商店に毛の生えた程度のごくごく小さな会社です。

でも、どんなに小さくても、一応、会社は会社です。法人には法人の特典というものがあり、僕はその「法人」という不思議な存在の特典やメリットを最大限に活用させてもらっています。

僕はアパート経営というものを生業にしています。アパート経営者というのは、むかし風にいえば『大家さん』のことです。大家業は、もちろん法人じゃなくてもできます。…というか、個人でやられている大家さんのほうが多いのではないでしょうか。

僕が個人から法人になったいちばんの理由は、税金対策のためです。ある程度の規模になってきたら、個人のままでいるよりも法人になった方が税金上のメリットが出てきます。でも、法人格を有することのメリットは、必ずしも税金対策のためだけではありません。その他にもいろいろあります。

そのなかでもいちばんのメリットは、なんといっても、銀行の審査が通りやすくなる。…ということです。銀行は個人の大家さんよりも、法人にお金を貸したがります。僕はその銀行の特性を利用して、次々と物件の数を増やしていきました。

今回はそんな法人と銀行との関係などについて解説してみたいと思います。

 
▼関連記事

www.nonbiri-happy.com

不動産投資を成功させるためには『法人化』は絶対必要! 

法人格になってから今日まで、僕は次々とアパートを購入してきました。うちの会社で現在保有している物件は全部で8棟。部屋数にすると109部屋になります。


うちの会社はその保有している8棟のアパートから家賃収入を得て、それが会社の売り上げとなっています。アパートの規模は、大小さまざまです。時価にすると1億を超えるものから、法定対応年数をゆうに超えたボロボロのアパートまでいろいろ所有しています。

この8棟という棟数が果たして多いのか、それとも少ないのかは自分ではよくわかりません。ある人から見れば「結構な数だ」と見えるだろうし、ある人から見れば「全然、大したことないよ」という話になるでしょう。

もう少し増やしてみたい気持ちもありますが、これ以上はたぶん無理だと思います。銀行ももうこれ以上はお金を融資してくれないでしょうし、これ以上、物件を増やしたら、きっと僕のほうもパンクしてしまいます。だから、このくらいでちょうどいいと思っています。欲を言えば、キリがありません。

さて、ここで非常に重要なことを申し上げなければなりません。これはとてもとても重要なことなので、しっかりと把握しておいてもらいことです。

何を言ってるのかというと、もしも僕が「会社(法人)」というものを設立することなく、個人のままだったとしたら、8棟ものアパートを所有することはできたであろうか? ということです。

うちの会社の借金の総額は、2億円も超えてしまっています。つまり、僕個人のままだったら、その2億ものお金を銀行は融資してくれたであろうか? ということです。

おそらく無理だったと思います! 僕はその当時はまだ30代後半。まだまだ若造です。資産家の家に生まれたわけでもなく、地主の家に生まれたわけでもありません。しがないサラリーマンです。しかも、年収もそんなに大したことない…。

そんな男に銀行は2億ものお金を融資したでしょうか? おそらく、しなかったと思います。じゃあ、なぜ、僕は8棟もの不動産投資物件を所有することができたのでしょうか?

…それは僕が『法人成り』したからです! それがすべての答えであり、不動産投資を成功に導く最大のノウハウです!

 
▼関連記事

www.nonbiri-happy.com

www.nonbiri-happy.com

法人になれば、不思議なパワーを手にすることができる!

僕が法人成りしなかったなら、銀行は2億を超えるお金を融資してくれなかったはずです。僕が法人成りをしたから、銀行はお金を貸してくれたのです。そのおかげで僕は8棟もの不動産投資物件を手に入れることができました。

それら8棟の物件はまちがいなく『資産』です。僕はその資産から収入を得て、それによって生活費をまかなっています。

2、3棟ぐらいだったら、個人のままでも銀行は融資してくれたかもしれません。でも、それ以上となると、おそらく断られていたでしょう。では、どうして銀行は融資してくれたのでしょうか?

僕個人も、僕が設立した法人も、どちらも似たようなものです。別に法人にしたからといって何かお金をもらえるわけでもありませんし、銀行に新しい担保を提供できるわけでもありません。連帯保証人の数が増えるわけでもないのです。

しかも、僕のつくった会社には何の実績もないのです。できたてホヤホヤの会社なのです。そんな会社に、どうして銀行は融資してくれたのでしょうか?…ひと言で言ってしまえば、それが『法人マジック』です。この法人マジックを使うことによって、通常であれば不可能なことも可能になってしまうんです!

会社(法人)とは、まさにマジックです。「イリュージョン」と言ってもいいかもしれません。個人では超えられないような壁も、法人ならば易々と超えることができます。僕個人の力では成し遂げられなかったことも、法人の力を借りれば成し遂げられることもあるのです。

僕個人は大したことのない人間です。学校の成績も悪かったし、何か特別な才能があるわけでもありません。きわめて平均的などこにでもいるサラリーマンでした。ところが、そんな大したことのない僕が、ひとたび『会社(法人)』という名のマスクをかぶった瞬間、不思議なパワーを手に入れることができるのです。

それはまるでスーパーマンのようです。それはまるでスパイバーマンのようです。…実に不思議な話です。
 
▼関連記事

www.nonbiri-happy.com

www.nonbiri-happy.com

銀行は『信用』のない人には絶対にお金を融資しない!

法人成りすることのメリットはいろいろあります。そのメリットのひとつが、『信用を得られる。』というものです。この世の中で、信用ほど大切なものはありません。この信用のおかげで、うちの会社は銀行から2億円もの融資を引っ張ることに成功したのです。

もしもこの信用がなかったら、銀行は間違いなく相手にしてくれなかったでしょう。『信用』とはこの世で生きてゆくためにあまりにも大切なものです。信用がなかったら、何をやってもダメです。

たとえば、チャラチャラした格好をした無職の若造に、銀行はお金を貸すでしょうか?…まず、無理ですよね? なぜだと思います? 信用がないからです! 

でも、きちんとした会社に勤務し、年収もそこそこある状態でビシッとスーツを着込んで融資担当者の前に現れたら、きっと担当者は話を聞いてくれるはずです。

さらに法人成りしたことを伝えたら、きっと身を乗り出して話を聞いてくれることでしょう。本当は銀行だってお金を貸したいと思っているのです。お金を貸して金利を稼がなければ、銀行だって商売にならないんですから。でも、肝心かなめの信用のある人が少なくて、なかなかお金を貸せない状態なのです。

法人成りがカギを握っています。「信用」を得るいちばん手っ取り早い方法が法人成りです。それは最大の武器になります。不動産投資を成功させたい人は、どうしても個々の部分はクリアしなければいけません。

実際、成功している大家さんはみんな法人成りしてますよ! 

法人成りをした。自分で会社をつくった。…という行為は、銀行側に「おっ、コイツ、本気なんだな!」と思わせる効果があります。法人になったというだけで「真剣に商売に取り組んでゆきます」「今後とも継続して事業を展開してゆきます」という最大のアピールになります。

事業意欲に燃えている経営者を応援するのも銀行の役割です。だから、本気の姿を銀行の人に見せることによって、お金を借りやすくするのです。これはテクニックというよりも、『ハート』の問題です。『情熱』の問題です。

銀行だって本気じゃない人となんか取引したくありません。ましてや、はじめて取引するような相手なら、なおさら本気で事業意欲に燃えてるような人じゃないと、融資してくれません。

いつまでも個人のままでいるということは、銀行側に「この人、本気じゃないんだな…」と思わせることになってしまいます。個人のままだと、なかなか本気さが伝わらないのです。

だから、不動産投資で成功を夢見てる人は、ぜひ、法人を利用してみましょう! 法人成りすることは、不動産投資を成功させるうえで絶対に避けて通れないものですよ。

 
▼関連記事

www.nonbiri-happy.com

www.nonbiri-happy.com

無料で税理士を紹介してくれる 「税理士紹介エージェント」

f:id:orange345:20161011215021j:plain

いまの税理士先生に「どうも満足してないな~」という方、税理士紹介エージェントを利用してみたらいかがでしょうか? 希望にかなう税理士が見つかるまで何度でも無料にて紹介してくれるユニークなサイトです。(※税理士への相談は有料)

実はいまの税理士に満足していないまま契約しつづけている会社経営者の方が80%いるといわれています。会社の規模、法人、個人事業主を問わず、実は税金ってすごく大事なことです。経営の根幹にかかわる問題です。

だからこそ自分にあった税理士ときちんと契約したいものですよね! モヤモヤしたまま経営するのは、良くないです。税理士の変更を考えている方や、不満がある方。

事業をはじめたばかりで税金のことが不安な方ももぜひ、無料で税理士を紹介してくれる 「税理士紹介エージェント」に一度問い合わせてみるのもいいのではないでしょうか!


税理士紹介エージェントのココがすごい!

  • 提携税理士にはインタビューと審査を実施

税理士紹介エージェントでは、税務業務出身の担当エージェントが全員の方にインタビューを行っています。人柄・知識・経験などを詳細に確認した確かな税理士じゃないと登録できないシステムになっているのです。だから、安心して利用できますね!

 

  • 相続・贈与に強い税理士が在籍

税理士の数は、相続税の対象件数の約1.5倍といわれています。つまり、平均すると1人1件も行っていないのが実態なのです。「税理士紹介エージェント」には、とくに相続・贈与対策を専門に行っている税理士を依頼をすることができます。だから、一般の税理士に依頼するより力になってくれる人を探せるというわけなのです。

 

  • 大手税理士法人から独立した実力のある税理士が多数

どんな時でも、サポートをしてくれる税理士を厳選して紹介してくれます。書類だけ作って終わりといったような対応をしない人を紹介してくれるはずです!

 


▼興味がある方はこちらにて詳細をチェックしてみてくださいね!


▼関連記事

www.nonbiri-happy.com