シンプルに。自由に。

北海道でアパートの大家業をしてます。4人家族。映画が好き。猫が好き。北の国でなまらのんびり生きてます。“every cloud has a silver lining.” したっけ!

悪口で悩んでる人必見!僕が思う悪口に対するいちばん効果的な対処法


f:id:orange345:20170401201146j:plain

今回は「意識して悪口を言わないようにすると、悪口が聞こえてこなくなるよ」という話をしたいと思います。

目次

悪口は自分を傷つける

f:id:orange345:20170326173054j:plain

普段何気なく使っている言葉が持っているパワーを甘く見てはいけません。

普段自分は一体どんな言葉を発しているのか?

__そこに意識を集中させることによって見えてくるものがあります。

言うまでもないことですが、言葉も暴力になりえます。

暴力のそばにいていいことなんか一つもありません。

これは僕がこれまで生きてきた中で最も大切な気づきの一つです。

だから「自分が発する言葉」も「自分が耳にする言葉」もどちらも気をつける必要があります。

人間は弱い生き物です。

自信を失い、不安に苛まれると、ついつい人の悪口を口にしてしまいます。

特にまわりに平気で人の悪口を言う人なんかのそばにいた場合は要注意。

知らず知らずのうちに自分もその「悪口大会」に参加していたりして、後で強烈な自己嫌悪に襲われたりします。

僕は目の前で悪口大会がはじまったら、瞬時にその場から離れるようにしています。

ごめん、用事思い出したわ」とか言って即座にその場を後にするのです。

そうすれば人の悪口を耳にしなくても済む。

自分が悪口を言って自己嫌悪に苛まれずに済む。 

悪口を言えば悪口を言われる法則

f:id:orange345:20170326155258j:plain

40数年間生きてきた僕の経験上、あなたの前で誰かの悪口を言う人というのはあなたのいないところであなたの悪口を言っています。

それがどんなに仲のいい友人だったとしても、そう肝に命じておくべきです。

そして巡りめぐってそういう人というのは必ず誰かから悪口を言われ、嫌われている。

__だからあなたはそういう人のそばにいちゃいけないんです。

悪い影響を受けてはいけないんです。

もしもあなたが悪口をすぐ言うタイプの人間だったら、悪いことは言いません。

今日からその癖、直すようにしましょう。

もしもあなたが自分のことを大切に思っているのなら、自分のためにも誰かの悪口を言うのをやめるべきです。

  • 悪口を言えば、悪口を言われる

__この法則は真実です。

その悪口が面と向かって言おうが、匿名掲示板で言おうが関係ありません。

悪口を発したら、それはいつかブーメランのように自分に返ってきます。

だから、離れるのです!

誰かの悪口を言いそうになったら、離れる。

誰かの悪口を耳にしそうになったら、離れる。

そうすれば少なくとも影響を受けずに済みます。

うちの奥さんがみんなから愛される理由

f:id:orange345:20170326114955j:plain

「悪口を言わないようにしよう」と意識していると、だんだんと面白いことが起こります。

自分の悪口が聞こえてこなくなるのです。

以前はあんなに耳にしていた自分に対する批判や悪口を目にしたり、耳にしたりすることが少なくなるのです。

これは本当に不思議です。

もちろんそれは気分がいいことです。

誰だって悪口を言われたらおもしろくありません。

この現象を科学的に検討した本もあります。

でも難しい本を読まなくても、僕はうちの奥さんを見ているとわかります。

彼女は本当にいろんな人から愛され、慕われるタイプです。

付き合いはじめの頃、それがどうしてなのかさっぱりわかりませんでした。

なぜ彼女はあんなに人からリスペクトされるのか?(それにひきかえ、僕はリスペクトされないのか?)

答えは簡単。

彼女は人の悪口を一切口にしないのです。

僕は彼女が誰かのことを悪く言うのを耳にしたことがありません。

それは持って生まれた才能のようなものなのでしょう。

あるいは彼女が生きてゆく中で身につけていった『サヴァイヴァル術』のようなものなのかもしれません。

いずれにしても彼女のその姿勢は僕にいろんなことを教えてくれました。

まとめ

f:id:orange345:20170326114946j:plain

あなたのまわりにいるすぐ悪口を言う人の顔を思い浮かべてください。

いかにも「悪口を言いそうな顔」をしているでしょ?

とても愛されるような顔をしていないでしょ?

そういう顔をした人がまわりから良いイメージを持たれることはありません。

だから巡りめぐってその人は自分のことを傷つけているのです。

それはボディ・ブローのようにだんだん効いてきます。

ここはてなブログでも、Twitterでも何でもいいですが、ネガティブなコメントばかりを書くアカウントのところに一度行ってみてください。

いろいろ学べると思います。

その人が普段どんなことを書いているのか。

過去のアーカイヴを見て、思わず目を背けてしまうと思いますよ。

それはそっくりそのままその人の心の状態を映し出しているのです。

 

ジョセフ・マーフィーはこんな言葉を残しています。

 

悪口は不幸を呼ぶ呪文。

決して口にしてはなりません。

 

女子の人間関係

女子の人間関係