読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに。自由に。

北海道でアパートの大家業をしてます。4人家族。映画が好き。猫が好き。北の国でなまらのんびり生きてます。“every cloud has a silver lining.” したっけ!

失敗から学ぶ癖を身につけておけば人生はそれほど怖くないという話

失敗や挫折の経験は確かに辛いです。でもそれらは同時に自分を磨く大切なものでもあります。逆にうまくいってない時ほど慢心に陥り、良くないことが起こったりする。逆境の中で学ぶことの大切さについて書いています。

こんなに頑張ってるのにどうしてうまくいかないの?という時の対処法

頑張ってもうまくいかない時、自信喪失してしまいます。そんな時、どのような考え方をすれば自信を取り戻し、元気になれるのかということについて書いています。ヒントは頑張らなくても幸せになれるということ。

人生に行き詰まりを感じたら心がトキめく方に行けば救われる法則

人は不安になったり自信を喪失したりすると、誰かからの評価が気になり出します。だけど一番重要なことは「誰か」目線ではなく、「自分」目線ではないかということについて書いています。

苦しい時にこそ自分を認めて愛してあげよう!という話

頑張っているのに結果が出ない時、気が滅入ってしまいます。でもそんなダメな自分のことも愛してあげて、認めてあげることによって前向きに生きることができるようになります。そのことについて書いています。

思い込みの効果を過小評価しない方がいいこれだけの理由

思い込みの効果は絶大です。その効果を良い方向に使えば人生は驚くほど楽しく、エキサイティングなものになります。自分を信じて、ネガティブな思い込みを捨てる大切さについて書いています。

頑張ってるのに結果が出ない時にこそ考えてほしいコト

人生がなかなかうまくいかない時、ダメなことが続く時ってよくありますよね。そんな時、ついつい悪いことばかりを考えてしまいます。でもそんな時こそ「良いこと」に目を向けることが大切なんだということについて書いています。

自然の中に身を置くメリットを過小評価しないほうがいい理由

コンピューターやテクノロジーは確かに便利なものですが、あまりにも過剰にこれらに囲まれるとだんだん人間らしく考えることができなくなっていきます。そんな時は自然と接すると心が落ち着きますということについて書いています。

すぐ誰かと比較してしまう癖を「どうにかしたい!」と思ってる人へ

最近「どうすれば幸せになれますか?」という質問を受けることがよくあります。 その時に僕はいつも、 他人と比べないようにすれば、幸せになれますよ。 …と答えるようにしています。 比較というものを甘く見てはいけません。誰かと自分を比べた時点で、すで…

生きる態度によって人生は大きく変わるという話

人生というのはキャンバスのようなもの。僕たちはそのキャンバスに、思い思いの絵を描くのです。 その絵がどれほど素晴らしい絵になるかは誰にもわかりません。でも、描き続けているかぎり、「良くなるかもしれない」という可能性だけはいつまでも失われませ…

平凡であることはパワーだ!『君の名は。』を見て思ったコト

僕の今の状態を『成功』と呼べるのかどうかはわかりませんが、まあ、毎日幸せに暮らしていることはだけは確かです。この幸せは、僕が脱サラして起業したからこそ実現できたことです。僕にとっては、あの決断は人生を左右するような大きな決断でした。でも、…

常識に縛られないでもっと自分流に生きたっていい!

僕は2011年に脱サラ・起業し、自由気ままな毎日をおくるようになりました。いわば、世間一般的に主流と思われてる道から外れ、アウトサイダーな道に行ったわけです。そういう立場になってあらためて思うのは、 みんないろんなものに縛られすぎなんじゃないか…

自分が口にするコトバが人生に大きな影響を及ぼすという話

「お金も、自由も、幸せも、すべて自分が普段、話す言葉によって決まる」と僕が言ったら、皆さんはどう思うでしょうか? いよいよ頭がおかしくなったと思うかもしれませんね。 でもこれって、あながち間違いではないと僕は思っています。やっぱり、お金持ち…

競争に勝つことばかりを考えて生きることになぜ僕は嫌気がさしたのか?

負けず嫌いであることは悪いことはありませんが、度が過ぎると、身を滅ぼす場合があるので注意しなくてはなりません。誇大妄想と自己嫌悪は、コインの裏表のようなものなのです。 今日はどちらの面がオモテになるかわかりません。新聞やテレビのニュースでも…

古い価値観を捨てて新しい価値観を受け入れる柔軟性が君を救う

本当の意味で自由になるためには、ときには自分がそれまで信じてきたものを手放さなければならないことがあります。それはとても大変なことですが、人生にはそれをやらなければならない瞬間というものがあります。そのとき、パッと手を放すことができる人と…

後悔ばかりの辛い人生にしないために気をつけておくべきコト

夢を追いかけることはいいことだ __と多くの人が言ってます。だけど僕に言わせれば、実際に夢を追いかけ続けている人はほとんどいません。とくに僕みたいに40歳をゆうに超えてからも夢を追いかけ続ける人というのは、ほとんど奇人・変人です。自分では単調…

物事をシンプルに考える癖をつけておくと答えを発見しやすい法則

セミリタイア生活をおくるようになってつくづく思うのが、 肩の力を抜いて生きるということが、いかに幸せなことか __ということです。サラリーマンをしていた頃の僕は、 同僚に負けたくない 上司に褒められたい 社内で認められたい 出世したい 給料やボー…

真面目が取り柄って、本当にいいことなの?ということについて

ハウツーものが流行っていますね。世の中が不安になってくると、「一直線にゴールにたどり着きたい」という心理が働きます。みんな「いち早く答えがほしい!」ということなのでしょう。その気持ちはわからないでもないですが、目的地にたどり着くためのコー…

起こることすべてを肯定する癖をつける人生が変わるという話

『現実』ってひとつではありません。現実は見る人や、見る角度によってまったく違うものになるものだと僕は思います。まったく同じような体験をしていても、その人によってまったく正反対の感想をもつことってありますよね? 似たようなライフスタイルであり…

将来への漠然とした不安を解消するための最も効果的な方法

将来に対する漠然とした不安 __多かれ少なかれ、誰もが抱えていることだと思います。そういう不安に駆られた時、あなたはどうしていますか?僕もかつては不安だらけの毎日を送っていました。だけど年齢を重ねるたびに、そうした将来に対する不安と上手に付…

今日から実践!人生いいことばかりが起こるようにする思考法

いつも上機嫌で、常に心の状態を「いい状態」にしておくことってすごく大切なことです。しかも、その方が確実にいろんなことがうまくいくようになる。ぜひ、みなさんも実践してみてください。 次から次へといいことばかりが起こる人っていますよね。でもそう…

困難を乗り越える力は自分の中にすでに備わっているという話

僕はスティーブン・スピルバーグやジョージ・ルーカス、シルベスター・スタローンの映画なんかが大好きでよく観ます。彼らは臆面もなく、ストレートで、シンプルなメッセージを作品にこめています。そこが大好きなのです。 希望を持って生きよう 自分を信じ…

人生そんなに悪くないということを知るのはいつも逆境の中!

人生には様々な災いがあります。でもそれらは本当に「悪いこと」なのでしょうか?僕はそう思いません。災いや逆境の中にこそ答えがあると思っています。これを読んでくれている方の中には「もう、ダメだ…」と思えるような状況に今、追い込まれている人もいら…

脱サラ起業して失敗するかも?という恐怖を吹き飛ばしてくれたある偉人のコトバとは何か?

僕が脱サラ・起業する道を選択しようと思った時、スティーブ・ジョブズの言葉に背中を押されました。業種も規模も全然違うけど、僕もスティーブ・ジョブズも「事業をやってる人」という点では同じです。事業家には事業家なりの苦労というものがあります。今…

新しいものを手に入れるためには何かを手放す必要があるという話

何かを捨てることはとっても怖いことです。それが自分がこだわってきたことや信じてきたことだったりなんかしたら余計に恐ろしい。でもそれをやらなければ夢は実現しないということについて書いています。

勝ち負けにこだわらない人が最終的に勝つという法則について

今回は「勝ったとか、負けたとかにこだわらないで自分らしく生きた方がハッピーになれるよ」という話をしたいと思います。みなさんもよくご存じのことだと思いますが、現代は『競争社会』です。 大人から、子どもまで、みんな毎日「競争」「競争」のレースを…

自由になることの代価があるのなら僕は喜んで払う!という話

僕はサラリーマンという安定した職業を捨てて、事業家・投資家として生きる道を選びました。それはものすごくリスキーな生き方だと思います。でもリスクなきところにリターンなしです。自由になるためにはそれなりの代償が必要だということについて書いてい…

あえて楽をしない道を選んだことで得られるリターンがスゴイ件

今回は「一見するとラクじゃないことでも、それをやることによって大きなリターンを得ることができる」という話をしたいと思います。 目次 起業にはメリットもたくさんあるけど、デメリットもたくさんある いちばん大変なのは、仕事を自分でつくらなきゃいけ…

人生の軌道修正をしたい!と望む人がチェックしておくべきこと

僕は「もうダメだ」「オレの人生は終わった」と思ったことが何度もあります。本当にお先が真っ暗で、自分に未来があるなんてことが想像すらできませんでした。僕は失業を経験したこともありますし、うつを経験したこともあります。でも、今、そういう過去か…

悪口もとらえ方ひとつですべてが変わる!【体験記あり】

あなたは誰かから悪口を言われたり、批判されたりした経験はありますか? もちろん、ありますよね。人間、生きていれば誰だって、悪口や批判のひとつやふたつは経験するものです。僕もいろんな人から、いろんなことを言われましたよ。そのほとんどが笑って済…

最近うまくいかないなと思った時にこそ読んでほしいコト

セミリタイア生活に入り、自由気ままに暮らすようになると、それまで気づかなかったことが見えてきたりします。そのなかで僕が最近、思うのが、なんでみんな、「常識」とか「世間体」みたいなものをそんなに気にするんだろう?…ということです。だいたい見て…

若い頃、孤独だった人ほどうまくいく人が多いのはなぜか?

あなたは、一人で過ごす時間というものを大切にしていますか? 一人でいるのって、好きですか? 僕はむかしから、『ひとり時間』というものを何よりも大切にしてきました。それは、「孤独」とか、「ひとりぼっち」というのとは若干、ニュアンスが違います。…

悪口で盛り上がってる集団からは積極的に距離を置いた方がいい理由

幸せを手に入れるタイプの人は、人の悪口や陰口といったネガティブな話題が苦手です。そういう話題になると、自然に居心地が悪くなり、その場から離れたくなります。当然そうなると、そういう話で盛りあがる集団のそばには寄りつかなくないます。場合によっ…

誘いをきちんと断れる人ほど人から信用される法則

人から誘いを受けたとき、あなたはいつもどうしていますか? もちろん、その誘いがうれしいものであったならば、それは喜んでお受けしましょう。しかし、問題はその誘いが、あなたにとって嬉しいものではなかった時です。そんなとき、あなたはいつもどうして…

他人は変えられないという認識がもたらすメリットについて

僕たちは無意味なこと・無駄なことに膨大なエネルギーを注いでしまう、という妙な癖を持っています。その最たるものが、他人を変えようとすることです。人は何とかして誰かを変えようとします。そして、そこに膨大なエネルギーを注ぎ込みます。…はっきり言っ…

怒りによる憎しみの感情にとらわれることはなぜ危険なのか?

ここ最近「許せない」という言葉をよく耳にします。ある特定の人物や、ある特定の国などに対して、「絶対に、許さん!」という強い感情をあらわにする人が増えてきました。そう感じませんか?僕はこれはとても危険な兆候だと思っています。いつの時代も、「…

自分に自信がない人の特徴は「すぐ群れたがる」ということであった件

SNSの流行などにより、友だちの多さを気にする人がやたらと増えています。だけど、友だちが多い・少ないということは、そんなに気にするようなことなのでしょうか?なかには、友だちの数が「500人超えた」「1000人超えた」と大騒ぎする人もいます。しまいに…

自分の話ばかりする人よりも話を聞いてあげる人になった方がいい理由

沈黙は力です。しかし、そのことを知っている人は、ほとんどいません。多くの人は、よく喋る人や、誰とでも仲良くなれる人、コミュニケーション能力の高い人のことは評価します。寡黙な人のことはあまり評価しません。でも、これだけは断言して言えますが、…

孤独で“寂しい”と感じたら実践してみてほしい考え方

あなたは今、孤独ですか? もしあなたが今、孤独を感じているのならば、どうかそのことを誇りに思ってください。「孤独である」ということは素晴らしいことです。 人は孤独になることによってはじめて、さまざまな気づきを得、いろんなことを学ぶことができ…

誰とでも仲良くなれるというのは本当に長所と呼んでいいのか問題

人間関係の悩みを抱える人のなかには、「誰とでも仲良くしなきゃいけない!」という強迫観念に囚われすぎている人がいます。この国では、いまだに『誰とでも仲良くするのが、普通』という考え方が主流になっているのです。でも、よく考えてみてください。誰…

幸せであらねばならない!という強迫観念の危険性について

幸せとはいったい何でしょうか? どういう状態になれば、人は「ああ、オレは(わたしは)幸せだなぁ…」と思うのでしょうか? それは人によって違うものだと思います。預金通帳に1億の現金があっても幸せを感じられないという人もいます。Facebookの友だちの…

主流から外れた生き方を選ぶのもいいんじゃない?と僕が思う理由

僕は基本的に自分のことをアウトサイダーだと思っています。でも、この国でアウトサイダーとして生きるというのは、なかなか大変なことでもあります。ご存じのとおり、この国は『輪をもって尊しとなる』的メンタリティーが支配的な国です。そんななかで、主…

お金持ちを攻撃してばかりいる人はお金の問題から解放されない

ドナルド・トランプは、なぜあんなにアメリカで支持されているのでしょうか? 彼はもちろん、言うまでもなくお金持ちです。しかも大金持ちです。しかし、彼を支持しているアメリカ人たちは、決して裕福な層ではありません。どちらかといえば、貧しい人たちで…

被害者意識の強い人はお金に恵まれないのはなぜか?

これはお金に関することに限りませんが、世の中には「被害者意識」に凝り固まっている人がたくさんいます。自分の人生がうまくいってないことを自分自身でうすうす気づいているから、「自分は被害者である」という考え方にとらわれてしまっているのです。な…

同調圧力に負けるな!優先させるべきはまわりの声ではなく、自分の声

もしも僕たちの人生というものが、ただ仕事をするだけのものだったとしたら? ただ住宅ローンを払うだけのものだったとしたら?…これほど味気ないものはありません。でも、多くの人はそんな味気ない人生を歩むことには積極的だけど、エキサイティングな人生…

【村上春樹に学ぶ】腹が立ったときの最も賢い対処法

こちらは僕が敬愛してやまない小説家・村上春樹さんが2009年に発表したエッセイ本です。「走る作家」として有名な村上春樹さんが本格的に「走ること」について正面切って語っています。この本を読むと、なぜか無償に走りたくなります! そして、なぜか心が前…

許容範囲を超えて多くを求めるすぎる人は成功しない法則

世の中には星の数ほどの商売があります。その中で、僕は『アパート経営』という商売をやっています。商売というものをやっている以上、どうしても「儲け」を考えます。慈善事業をやっているわけではないのですから、それは当たり前のことです。だけど、あま…

「まわりと同じ価値観じゃなくてもいい」と僕が思うこれだけの理由

僕はこの世の中のことがすべて100%、「原因と結果の法則」の因果律によって成り立っているとは思っていません。だけど、ほとんどのことは起こるべくして起こっているような気がしています。やっぱり、何ごとにおいてもうまく人というのは、うまくいくような…

夢を諦めることを辛いと思う必要がないと僕が思う理由

僕は今、自由気ままなセミ・リタイア生活をおくっています。僕が脱サラしたのは、37歳のときでした。今の僕には、満員電車もなければ退屈な会議もありません。サービス残業もないし、休日出勤もありません。職場の人間関係の悩みとも無縁です。どうして僕の…

学歴の高さと就職した後の人生の幸福度との関係性について

僕には二人の子どもがいます。二人とも小学生です。子を持つ親なら、誰もがそうであるとおり、僕も『教育』ということに関しては非常に高い関心を持っています。僕は両親が二人とも学校の先生だったこともあり、とりわけ教育ということについて昔からいろい…

【偉人オタクの僕が解説!】夢を叶える人の共通点とは何か?

友人同士が集まると、夢談義に花が咲くことがあります。いろいろな人の口から、それぞれの夢についての話が語られます。しかし、そこで語られる夢の大半は、ただ語られるだけで終わってしまいます。そこから本当に夢を実現させるべく動き出す人というのはほ…