読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに。自由に。幸せに。

北海道でアパートの大家業をしてます。のんびりシンプルに生きることがモットー。4人家族。ビートルズが好き。猫が好き。本当の豊かさは高い収入でもモノでもなく「自由な時間だべや」という信念のもと、好き勝手に生きてます。“every cloud has a silver lining.” にゃー。

自然の中に身を置くメリットを過小評価しないほうがいい理由

コンピューターやテクノロジーは確かに便利なものですが、あまりにも過剰にこれらに囲まれるとだんだん人間らしく考えることができなくなっていきます。そんな時は自然と接すると心が落ち着きますということについて書いています。

人工知能に仕事を奪われる世界を生き抜くために僕らがすべきコト

AIやロボット技術の発展は僕たちの暮らしを確かに便利なものにしてくれました。しかしそれらの科学技術は僕たちの仕事を奪おうとしています。だけどそんな機械に対して、僕たちは「人間力」で対抗できるのではないかということについて書いています。

生活保護バッシングを今すぐやめた方がいいこれだけの理由

僕はアパートの大家はしているのですが、うちの物件にもたくさんの生活保護の方が入居してくれています。最近僕が気になるのが世の中の生活保護の方に対する風潮。「まるで犯罪者扱い」という言い方がありますが、まさにそれ!僕は今すぐそういう見方はやめ…

日本政府の少子化対策が一向に効果を発揮しない根本的な理由

今回は、日本の少子化問題について書いてみたいと思います。厚生労働省によれば、1899年に統計が開始されて以来、赤ちゃんの数は史上最低を記録しつづけているそうです。僕はアパートの大家業をしているので、少子化問題というのはまさに死活問題。 人口が減…

格差が招く分断に対して僕らはどう向き合えばいいのか?

一昨年、世界中で一大センセーショナルを巻き起こし、日本でもベストセラーになった『21世紀の資本』という本があります。 21世紀の資本 作者: トマ・ピケティ,山形浩生,守岡桜,森本正史 出版社/メーカー: みすず書房 発売日: 2014/12/09 メディア: 単行本 …

日本の素晴らしい社会保障制度を維持するために僕らが考えるべきこと

AP通信にすると、このたび第45代アメリカ大統領に就任したドナルド・トランプは、就任初日の20日にオバマケアによる経済的負担軽減を目指す大統領令に署名したそうです。 トランプ大統領は、オバマケアの撤廃を目指しており、これはその第一歩と言われていま…

会社にしがみつかない生き方を実践するために何をすべきか?

僕は格差を生みだす今の社会は問題が多いと思っています。だけど、その社会をただ憂い、呪っているだけではちっとも人生は良くなりません。大切なことは、 どうサヴァイヴしてゆくか? __ということ。僕はもう政治に期待するのはやめました。政府に期待す…

古い価値観を捨てて新しい価値観を受け入れる柔軟性が君を救う

本当の意味で自由になるためには、ときには自分がそれまで信じてきたものを手放さなければならないことがあります。それはとても大変なことですが、人生にはそれをやらなければならない瞬間というものがあります。そのとき、パッと手を放すことができる人と…

会社をすぐ辞める若者に脱サラの先輩として言っておきたいコト

いつの時代もそうですが、『若者』というのは「若い」ということだけで攻撃の対象となります。僕も若い頃(驚くべきことに、僕はもう40歳を超えてしまったのです!)、散々おじさんたちに攻撃されました。今、思い返してもはらわたが煮えくりかえるようです…

僕たちが子どもたちに見せてあげるべき明るい社会とは?

あなたは感じているでしょうか? 今、世界が大きく変わろうとしているということを…。今までの価値観は通用しなくなり、今までと同じやり方をしていたのでは、いろいろなことが機能しなくなりつつあります。しかし、そんな変化に富んだ時代において、学校は…

本当の敵は自分自身だった!? 誰かと競い合うより大切なこと

「自己承認欲求」は、僕らを突き動かすひとつの原動力です。誰だって、認めてほしい、褒められたい、「すごい!」って言ってほしい…って思っています。僕はその欲求を持つこと自体は間違っていないと思っています。『何の欲求も持たずに、ただ時間をつぶすだ…

雇用不安の原因とは何か?を考えることが社会を安定させる件

今となっては信じられないことですが、かつて日本の会社には「終身雇用」と「年功序列」という二本柱がありました。終身雇用制度があったおかげで、真面目に働いてさえいれば、とりあえず定年まで平穏無事に過ごすことができました。年功序列制度があったお…

家族の幸せより仕事を優先させる生き方について僕が思うこと

仕事をしてお金を得ることは、とても重要なことです。僕たちは自給自足の生活をおくるわけにはいきません。だから、何らかの職業に就く必要があります。仕事をして、報酬を得るわけです。 だけど、その仕事が人生のすべてになってしまってる人がたくさんいま…

生きる意味を見つけるために自分探しの旅に出ようとしている君へ

「自分探し」してますか? いきなり何だ? と思われたかもしれませんが、僕はこの「自分探し」こそ人生を切り開くうえで最も重要なことだと思っています。「自分探し」は人間が成長する過程において、必要不可欠なものです。これなくして、人間の成長はあり…

大切なことは仕事以外の時間で何をしたかだ!という話

「あなたはどんな人ですか?」…と質問されたら、あなたは何と答えますか? 日本人の多くは「あなたはどんな人ですか?」という質問に対して自分の職業を答えるそうです。それだけ、仕事に毒されてしまっているのです。言うまでもないことですが、仕事はあな…

仕事で働きすぎることは一つもいいことがないという話

公務員だった僕の父は、よく僕に言っていました。「働くことはいいことだ。一生懸命働ければ、いつかきっと報われる。」と。父はその言葉を信じて疑いませんでした。それは「真面目であること」が何よりも重要視される、公務員ならではのものの考え方でした…

会社に期待しないことは悪いことじゃないこれだけの理由

小津安二郎の映画などには、よく会社で働く人の場面が出てきます。そういったシーンを見ていると、むかしの日本における会社と社員の関係はとても幸福な関係であったことがよくわかります。高度経済成長という時代背景をバックに日本は長いあいだ、会社と社…

モノや便利さとひきかえに僕らが失ったものについて

僕は以前、幸せというのは「ひととおりのモノがそろっている状態のこと」だと思っていました。マイホーム、クルマ、生活家電、携帯電話、パソコン、衣服、家具、etc…。貧乏生活をするのは嫌だったし、いろんなモノを購入できる生活が豊かさの象徴であるかの…

逃げることも大事なこと。←これ、全労働者が知っておくべきこと

「会社を辞めたい」と思っているサラリーマンの方はたくさんいます。だけど、実際に会社を辞めるという選択をする人はあまり多くはいません。なぜ、少ないか? もちろんそこには金銭的な理由であるとか、年齢的な理由というものもあるでしょう。しかし、なか…

人生には引きこもる時期があってもいいと僕が思う理由

毎年、シュウカツがニュースになります。「3年で会社を辞める若者」も話題に上ります。今、多くの若者たちがジレンマを抱えています。『社会に出て働く』ということが、いまひとつ納得できていないのです。もう40歳をゆうに超えたおっさんになっちゃったけど…

忙しくすれば人間関係の悩みから解放される法則

人間関係を大切にすることは、悪いことではありません。人間は一人では生きていけませんから、なんらかの人間関係のなかに、自分の居場所を見つける必要があります。しかし、過剰なまでに人間関係を大切にしすぎることは、非常に危険なことだと僕は思ってい…

お父さんを本気で会社から奪還するにはどうしたらいいのか?

僕はその価値観についていけなくてドロップアウトした口なのですが、日本のサラリーマンは、誰がどう考えたって働きすぎです。朝から晩まで働きつづけ、翌朝、また速く起きて会社に向かう。そして、また遅くまで働く…。僕の目には、その光景はたいへん異様に…

真面目すぎる性格を直すことは希望につながるという話

日本は自殺が多い国です。10万人あたりの自殺率でみると、日本の20.9人に対して、諸外国の場合は12.4人。うつ病の人の数も年々、増加傾向にあり、社会問題になっています。自殺とうつを結びつけて語るのは、いささか乱暴するかもしれません。人が死を選ぶ理…

アパート経営はこれ以上ない社会勉強の場である件

「不動産投資」「アパート経営」というと、『お金持ちの世界の話』という印象を持たれている方もいらっしゃると思います。でも、実際はそんなことはありません。入居者にしろ、不動産会社の営業マンにしろ、リフォームをしてくれる内装業者さんにしろ、僕た…