読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに。自由に。

北海道でアパートの大家業をしてます。4人家族。映画が好き。猫が好き。北の国でなまらのんびり生きてます。“every cloud has a silver lining.” したっけ!

日本はもっと商売をする人を尊重すべきだと僕が思う理由

あなたは今、いくら貯金をしていますか?この『貯金』というのは、実に奥が深い問題です。 日本は世界に冠たる経済大国ですが、この豊かさがいつまで続くかは誰にもわかりません。もしかしたら、近い将来、円の価値が下がって、インフレになってしまうかもし…

起業するなら社会に出て揉まれてからにした方がいいという話

就活に代表されるような「就職」関連の話題はよく取り上げられますが、『起業』についての話題はほとんど取り上げられません。 それだけ、ニーズがないということなのでしょう。とくに若者のあいだでは「起業」なんていうのはまったく人気がなく、日本政策金…

会社に雇われる意味ってナニ?について今こそ改めて考えよう

2016年9月、電通に入社した新入社員の髙橋まつりさん(当時24歳)の自殺を受けて、労働基準監督署はこれを「過労による自殺労災」と認定しました。 電通といえば、学生のあいだで特に人気のある大企業の一つで、電通に入社することはある種のステータスのよ…

仕事ばかりの人生を後悔しないためのマインドセット

いくら医療が発達してきたとはいえ、僕たちの一生というのはせいぜい80年前後。 しかも、多くの人はその80年という時間のほとんどを『仕事』に費やします。そう考えてみると、家族と一緒に過ごす時間とか、余暇を楽しむ時間とか、自分の趣味の時間というのは…

行動力のある人がいつだって自分の人生を最高なものにする!

僕は今、自由気ままな毎日をおくることができています。それはそれで良かったのですが、ときどき「そういえば、なぜオレはこんな生活をおくることができているんだったっけ?」と思うことがあります。そして、結局のところ『行動したからだ!』という当たり…

脱サラ起業者を応援してくれるオススメのサポート・ツール6選

僕は2011年に脱サラ・起業しました。だから、独立開業する人の気持ちがよくわかります。はっきり言って「会社」という後ろ盾がなくなるのは、とっても恐ろしいことです。誰も助けてくれないし、誰も守ってくれません。1から10まで何もかも全部自分で処理しな…

個人事業主や会社の会計を支援してくれるサービスまとめ

個人だろうが、法人だろうが関係なく、事業をやる人にとって最も大事なことといえばなんと言っても『税金』です。この税金の取扱いいかんによっては、商売の結果が全然違ってきます。しかも、税金というのは非常にわかりづらいシステムになっています。 だか…

転職するなら売り手市場の今! オススメの転職支援サイト5選

電通に勤めていた東大卒の女性社員が自殺したことが大きな話題になっています。何も自殺するまで会社のために働く必要ないのに…。僕はある一つの会社に恩義を感じて、忠誠を誓って働くなんて時代はもうとっくに終わったと思っています。いまの時代、会社を辞…

楽天に出店するまでの流れと楽天にお店を出すメリットまとめ

脱サラして独立開業・起業を志している人も大勢いらっしゃるでしょう。インターネットの普及に伴い、「ネット起業」をする人も増えてきました。その中でも、『ネットショップをやってみたい!』という声もたくさんあります。しかし、いきなり自分ひとりでネ…

「地方移住したいけど仕事がない…」という人のための支援サービス

『里山資本主義』という本がベストセラーになったりして、今、なにかと『地方』が注目を集めています。 里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21) 作者: 藻谷浩介,NHK広島取材班 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2013/07/…

フリーランスで働きたいエンジニアのためのおしゃれな就職サービス

サラリーマンとして、組織のなかで生きるか フリーランスになって、自由に独立した存在として生きるか さて、あなたはどちらの生き方を選びますか? フリーランス志向の方は是非、今回ご紹介する「ギークスジョブ」というサイトを利用してみてほしいと思いま…

会社にしがみつかない生き方を実践するために何をすべきか?

僕は格差を生みだす今の社会は問題が多いと思っています。だけど、その社会をただ憂い、呪っているだけではちっとも人生は良くなりません。大切なことは、 どうサヴァイヴしてゆくか? __ということ。僕はもう政治に期待するのはやめました。政府に期待す…

知っておいてほしい!「安定志向も危険だよ。」という話

「安定」ばかりを追い求めて、リスクを避けてばかりいると、かえってリスクに遭遇する確率が高くなります。特に今みたいな激動の時代においては、安定思考だけでは危険です。僕は『自由』というものを何よりも愛し、尊重する人間です。でも社会というのは、…

脱サラ起業して失敗するかも?という恐怖を吹き飛ばしてくれたある偉人のコトバとは何か?

僕が脱サラ・起業する道を選択しようと思った時、スティーブ・ジョブズの言葉に背中を押されました。業種も規模も全然違うけど、僕もスティーブ・ジョブズも「事業をやってる人」という点では同じです。事業家には事業家なりの苦労というものがあります。今…

真面目な働き者ではいつまでたってもお金持ちにはなれない!

今回の記事では「出世したりして年収が増えることと、お金持ちになることは根本的に違う」という話をしたいと思います。銀行マンや税理士、ファイナンシャル・プランナーと呼ばれる人たちは間違いなく『お金のプロ』です。彼らはとても頭のいい人たちです。…

自由になることの代価があるのなら僕は喜んで払う!という話

僕はサラリーマンという安定した職業を捨てて、事業家・投資家として生きる道を選びました。それはものすごくリスキーな生き方だと思います。でもリスクなきところにリターンなしです。自由になるためにはそれなりの代償が必要だということについて書いてい…

居心地のいい場所から離れる勇気があなたにもたらすリターンについて

『幸せな暮らし』という言葉を聞いて、あなたはどのようなことをイメージするでしょうか? こんなところでしょうか…いい大学を出る→いい会社に入るか、公務員になる→真面目に働く→30歳を過ぎたあたりに結婚する→子どもが生まれる→35歳頃に2人目の子どもが生…

お金持ちはなぜそんなに働いてないのにお金持ちでいられるのか?

セミリタイア生活なんかをしていると、どうしても似たような境遇の人と出会うようになります。信じられないかもしれませんが、世の中にはセミリタイアを実現した人っていうのは結構いるものなのです。中には、20代や30代の若い人もいます。あくせく働いてい…

あなたが真面目に働けば働くほどいちばん喜ぶのは誰か?

たとえば、時給800円のコンビニのバイトがあったとします。バイト君は一所懸命働いて、働いた分の時給を受け取ります。世の中には星の数ほど職業がありますが、基本的にはこれが「雇用の仕組み」です。それが、バイトであろうが、正社員であろうが、派遣社員…

上手な会社の辞め方と退職願を書く時の気をつけポイント6つ

会社を辞めるとき、誰しもが会社側にその旨を伝えなきゃいけません。「会社に行かない」というやり方を取る人も中にはいますが、そういう子供じみたやり方は社会的には通用しません。 だから、会社を辞めるときにはきちんと手続きをとらなければなりません。…

40代から脱サラして人生を1からやり直そうとしている人へ

サラリーマンの最大のいいところは、「給料をもらえる」ということです。「何を言ってるんだ! そんなの当たり前のことだろう!」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。だけど、よく考えてみてください。「会社から給料をもらうことができる」って、実…

大切なことは仕事以外の時間で何をしたかだ!という話

「あなたはどんな人ですか?」…と質問されたら、あなたは何と答えますか? 日本人の多くは「あなたはどんな人ですか?」という質問に対して自分の職業を答えるそうです。それだけ、仕事に毒されてしまっているのです。言うまでもないことですが、仕事はあな…

給与以外の収入にサラリーマン全員がもっと注目すべき理由

これからはもう国や会社などはアテになどできません。どうにかして「自分でお金を稼ぎ出す方法」を見つけ出さなきゃいけない世の中になってきました。一流企業に勤めるサラリーマンの方は「これで安泰だ」と思っているかもしれません。しかし、どんな大企業…

そもそも働くとはどういうことなのか?について考えてみよう

あなたの人生において本当に大切なこととは、いったい何でしょうか? 人間というのは、「孤独であること」を極端に嫌う生きものです。だから、人と違う行動をすることを何より恐れるのです。だけど、まわりに合わせて生きていると、本質を見失うことになりま…

逃げることも大事なこと。←これ、全労働者が知っておくべきこと

「会社を辞めたい」と思っているサラリーマンの方はたくさんいます。だけど、実際に会社を辞めるという選択をする人はあまり多くはいません。なぜ、少ないか? もちろんそこには金銭的な理由であるとか、年齢的な理由というものもあるでしょう。しかし、なか…

社畜から抜け出すためにすべてのサラリーマンが知っておくべきこと

転職に悩むサラリーマンや、仕事を辞めたいと考えているサラリーマンの方が増えてきました。だけど多くのサラリーマンの方が実際には転職したり、会社を辞めたりといった行動をとろうとはしません。「どうせ無理に決まってる…」と思い込んでいるからです。日…

サラリーマンは年収が増えても自営業者より手取りが少ないのはなぜか?

毎年、『年収の高い職業ランキング』というものが発表され、人びとの関心を集めています。だけど僕は「年収の高さ」だけで職業を決めてしまうのは、とても危険なことだと思っています。年収1000万円と聞けば聞こえはいいでしょう。しかし、1000万円もの年収…

スタートアップは個人の取り分は少なくしておけ!←これ、失敗経験から学びました

不動産投資がある程度うまくいくようになると、みんな税金対策のために『法人化』になろうとします。日本は累進課税制度なので、所得が高くなれば高くなるほど払わなければならない税金も高くなる仕組みなのです。だから、「法人化して、少しでも税金を安く…

日本人で起業しようとする人が極端に少ない理由

「自由」と書かれたドアと、「安定」と書かれたドアがあったら、あなたはどちらのドアを開けますか? 僕なら迷わず、「自由」と書かれたドアの方を開けます。でも、まわりにいる人に尋ねたところ、「自由」を選ぶ人はごく少数。圧倒的に「安定」の方が人気が…

個として生きることはこれからますます必要になるという話

僕は子どもの頃から『集団行動』が大の苦手でした。「一致団結して、何かに取り組もう!」という類のものがとにかく嫌で、球技大会も、合唱コンクールも、運動会も、あまりいい思い出はありません。僕は集団のなかにいるよりも、家で一人でのんびり音楽を聴…

愛社精神のかけらもない社員が最終的に勝つのはなぜか?

あなたは「会社人間」になってはいないでしょうか? 人生のなかでいちばん大切なことが「仕事=会社」になってはいないでしょうか? 会社人間になると、いつの間にか自分と会社を同一視するようになります。会社の業績がダウンすればそれはイコール、自分の…

お父さんを本気で会社から奪還するにはどうしたらいいのか?

僕はその価値観についていけなくてドロップアウトした口なのですが、日本のサラリーマンは、誰がどう考えたって働きすぎです。朝から晩まで働きつづけ、翌朝、また速く起きて会社に向かう。そして、また遅くまで働く…。僕の目には、その光景はたいへん異様に…