読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに。自由に。幸せに。

北海道でアパートの大家業をしてます。のんびりシンプルに生きることがモットー。4人家族。ビートルズが好き。猫が好き。本当の豊かさは高い収入でもモノでもなく「自由な時間だべや」という信念のもと、好き勝手に生きてます。“every cloud has a silver lining.” にゃー。

脱サラ起業者を応援してくれるオススメのサポート・ツール6選

僕は2011年に脱サラ・起業しました。だから、独立開業する人の気持ちがよくわかります。はっきり言って「会社」という後ろ盾がなくなるのは、とっても恐ろしいことです。誰も助けてくれないし、誰も守ってくれません。1から10まで何もかも全部自分で処理しな…

会社の経費で車を買ってプライベートでも乗るコトについて

会社の節税対策の一環として、「社員にクルマを買い与える」という方法があります。『社宅』というかたちで、社員に住むための家を会社が買い与えるという方法はよくあります。転勤族の方なんかはその社宅制度のおかげで会社から家賃補助を受けています。こ…

ゴルフなどの接待交際費の上限はどうなっているのか?

個人事業主から法人化にすればいいことがいろいろと増えてきます。なかでも嬉しいのが交際費の幅が増えるということが挙げられます。僕はそれほどお酒は飲まないのですが、もしもお酒を飲むのが大好きで、繁華街なんかに行きたがる経営者の人はこれほど嬉し…

スポーツジムの費用を会社経費で落として法人税を節税する方法

みなさんはスポーツジムに通っていますか? 僕はほぼ毎日に行っています。うちの会社は「法人会員」になっているので、このスポーツジムにかかるお金も会社の経費で落とすことができます。うちの会社は家族経営なので、僕だけじゃなくて、妻も僕の両親もこの…

社員旅行を会社経費で行って法人税を節税する方法

あなたは旅行、好きですか? 僕は大好きです! 先日も家族4人でハワイへ行きました。 www.nonbiri-happy.com 法人にすれば、この旅行代金も会社のお金で行けちゃうんです。会社のお金で行く旅行のことを「社員旅行」と呼んだり、「慰安旅行」と呼んだりしま…

視察旅行や研修旅行を会社の経費で行って法人税を節税する方法

以前、「社員旅行」を会社のお金で行き、そして、会社はその旅費を経費で落とす方法について書きました。 www.nonbiri-happy.com 会社のお金で旅行ができちゃう裏ワザは、社員旅行だけではありません。実はもう1つあります。それが、『研修旅行』や『視察旅…

車の買い替えタイミング時に経費で車を買って節税する方法

あなたはクルマ好きでしょうか?もしもクルマ好きならば、車の買い替えと合わせて賢く会社の税金を安くすることができるかもしれません。 決算月が近づき、会社が儲かってきて「今年度、黒字になりそうだな…」というのが見えたら、クルマを買い替えるという…

中古資産の耐用年数を上手に使って法人税を節税する方法

会社が儲かってきて、黒字になり、法人税が気になりだしたら、「クルマを買い替える」という方法をとれば節税になります。その買い替えるクルマが中古車であった場合、さらに大きな節税が期待できます。『中古』ということは、新品ではないわけですから、あ…

「社長の給料はなるべく高くしておくべし!」と僕が主張する理由

うちの会社もそうですが、世の中のほとんどの会社は中小企業だと思います。うちの会社なんて、家族でほそぼそとやってるような規模の会社なので、個人事業主に毛の生えたような規模の会社です。だけど、それでも法人は法人。法人である以上、どんなに規模が…

小規模企業共済を使って役員報酬の所得税を節税するやり方

会社が黒字になり、法人税が気になりだしたら、まずは社長の報酬や役員の報酬なんかを高くしちゃえば、節税対策になります。うちみたいな家族経営の会社の場合、それはあまり難しいことではありません。僕の役員報酬を高くしたり、家族への給料を出したりし…

会社の社長や役員にもボーナスが出せるって知ってますか?

みなさんは、「社長をはじめとする会社の役員にもボーナスが払える」ということを知っていますか? 社員にボーナスを払うというのはよくあることですが、「社長が会社からボーナスをもらうというのは聞いたことがない」という人もいらっしゃるのではないでし…

自宅を借り上げ社宅にして福利厚生費で落とす節税テクのこと

会社を経営している人で、今、賃貸住宅に住んでいる人に朗報です!今、払っている毎月の家賃を会社の経費で落とす方法があるんです。それが『借り上げ住宅』というやり方です。これは福利厚生費のなかで最も節税効果のある方法だと言われています。なぜなら…

持ち株比率を下げて事業継承する際に賢く相続するやり方

どんなに小さな会社でも、社長たるもの「いつかは事業を継承する」ということを考えておかなければなりません。 事業継承なんて、うちの会社は小さな中小企業だから関係ない たいして儲かってないんだから、そんなに大騒ぎする必要ない __と思ったら大間違…

法人税の節税対策に生命保険を使う場合の注意点について

みなさんは生命保険に入っていますか? その内容はともかくとして、多くの人が何らかの生命保険に加入していることでしょう。それは僕のような中小企業の経営者とて同じこと。経営者というのは、サラリーマンや公務員の方のように安定していませんので、『保…

自己不動産管理会社を設立して個人の物件の管理をさせる節税方法

不動産投資をやっていくなかで、節税対策のために法人成りをするのは極めて健全な流れです。そして、その法人化にもいろいろあります。そのいろいろある選択肢の中で、『自ら不動産管理会社を設立する』というやり方があります。通常、不動産管理会社といえ…

勝ち組大家さんになるために「法人化」は絶対必要な理由

僕は37歳のときに起業し、その後すぐに会社を設立しました。いわゆる「法人成り」をしたということです。会社といっても、社員は僕と父のふたりだけ。個人商店に毛の生えた程度のごくごく小さな会社です。でも、どんなに小さくても、一応、会社は会社です。…

法人にすれば個人保証なしで銀行からお金を借りることができる場合もある

個人と法人は別人格です。法人名義でお金を借りるということは、その借金を払う義務が生じるのは、あくまでも法人です。個人は(会社の社長は)借金を払う義務はありません。これが会社をつくるメリットのひとつです。 会社を設立したのは紛れもなく僕(個人…