読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに。自由に。幸せに。

北海道でアパートの大家業をしてます。のんびりシンプルに生きることがモットー。4人家族。ビートルズが好き。猫が好き。本当の豊かさは高い収入でもモノでもなく「自由な時間だべや」という信念のもと、好き勝手に生きてます。“every cloud has a silver lining.” にゃー。

サラリーマンこそ不動産投資をやるべきだと僕が思う4つの理由

今、不動産投資には追い風が吹いています。マイナス金利政策の影響もあり、今不動産投資はブームになっています。そんな時代の中で不動産投資でメシを食っている僕が不動産投資のメリットとデメリットを書きました。

普通のサラリーマンだった僕が投資家になろうと思った理由

僕が普通のサラリーマンから投資家になった経緯について書いています。僕はなぜ投資によってメシを食うことに惹かれたのか?投資をすることの魅力も書いています。

お金がほしい人はレバレッジを上手に使うことが大切

僕は37歳のときにそれまで勤めていた会社を辞め、自分で事業をスタートさせました。2011年の話です。 勤め人を卒業していちばん良かったなぁと思うことは、なんと言っても、自由な時間を持てるようになったことです。社会に出て働くようになると、自分の時間…

お金の方から近づいてくるような人になるためにすべきこと

僕には二人子どもがいるのですが、二人ともなぜか足がとっても遅いです。僕は子どもの頃から足がとっても速かったのに、僕の子どもはなぜか遅い。足の遅い二人を見ていて、つくづく思うことがあります。それは、 ふたりとも「走り方」がダメ __ということ…

不動産投資の特徴。←他の投資と比べて何がどう違うのか?

最近、とくに投資関連のトピックがにぎわいを見せていますよね? 今はもう以前のように「ただ真面目に勤めていれば、それだけで会社が面倒を見てくれた」という時代ではありません。だから、自分の身は自分で守らにゃいかん!とばかりに、みんな投資に目が向…

商売人の立場から考える日本の教育の最大の問題点とは何か?

『資本主義の終焉と歴史の危機』という本がベストセラーになり、今、あちこちで行き過ぎた資本主義が問題になっています。 資本主義の終焉と歴史の危機 (集英社新書) 作者: 水野和夫 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2014/03/14 メディア: 新書 この商品を…

資産運用の勉強こそが子供たちの希望につながるという話

今は『資産』を持っている人間が有利な時代です。資産というのは、 自分がさほど労力をかけなくても、自分のもとに何らかの収益をもたらしてくれるもの __のことです。成功した経営者は、「ビジネス」という資産を持っています。親のお金持ちのお坊ちゃん…

お金を引き寄せるためにお金持ちたちが自然にやってるコト

この世はフェアではない __ということに気づいたのは、いったいいつ頃のことだったでしょうか。いつの頃だったか忘れてしまいましたが、とにかく僕はある日、そのコトに気づいてしまったのです。それまでの僕は「一生懸命働ければ、お金持ちになれる」と信…

入居者が借金を返済する仕組みこそが不動産投資最大の魅力という話

当然のことながら、アパート経営をするためには収益物件を手に入れなれば何もはじまりません。そして、ご存じのとおり、その収益物件を取得するのには、それ相当のお金がかかります。アパート1棟にかかる金額は、数年万円。それが2棟、3棟、4棟、etc…ともな…

自由になれないことで悩んでる人のために僕のフィロソフィーを語ろう

収入を得る方法は必ずしも会社勤めをするだけではありません。僕の場合は不動産投資というビジネスをやることで勤労所得以外の収入を確保しています。そのことについて書いています。

これからは誰もが会社に頼らないでお金を稼げるようにならなければいけない

僕たちは経済的な変革期に生きています。こういう変革期には、今までと同じ考え方をしていてはダメです。しかし、多くの人の頭のなかは、旧態依然としたままです。大きな新しい波が自分の背後に迫っているというのに、みんな「そんなこと起こりっこない」「…

あえて楽をしない道を選んだことで得られるリターンがスゴイ

僕はよく「Take It Easy」という言葉を使います。テイク・イット・イージー。気楽にいこうぜ。…でも、僕はこの言葉を「ラクをする」という意味で使っているわけではありません。自慢ではありませんが、僕は人生のなかで何かを選択するとき、「ラクか、ラクじ…

本当に賢いお金の使い方とはどのようなものか?について

僕はお金持ちと貧乏な人の両陣営からよく誤解をされます。それは僕が「投資」という手段をつかって生活をしているのにもかかわらず、「シンプルライフ」の素晴らしさを説いているせいです。投資と、シンプルライフ。この二つは一般的には「相反するもの」と…

「貯金する人は負ける」という言葉が正しいと僕が思う理由

日銀がマイナス金利を導入することを発表しました。これにより「貯金」というものを金科玉条のように捉えていた人は、根本的に考え方を改めなきゃいけないことになるかもしれません。僕は以前から、貯金だけに頼ることは危険なことだと思ってきました。「い…

「投資をしない」という選択にもリスクがあるという話

「アパート経営でメシを喰っています。」と言うと、必ずと言っていいほどこんなことを言われます。何億円も借金しなきゃいけないんですよね? 空室が発生したら、収入は0円になってしまうんですよね? よく、そんな危険なことできますよね? 僕には恐ろしく…

投資で失敗して自己破産しないために知っておくべきコト

塾で講師の仕事をしている僕の友人がある日、こんなことを言っていました。「頑張ればがんばった分、成績が伸びるというのは嘘ではないが、本当でもない」。そのことは塾講師なら誰もが知っていることである、と。だけど、本当のことを言ってしまったら、本…

学歴の高さと就職した後の人生の幸福度との関係性について

僕には二人の子どもがいます。二人とも小学生です。子を持つ親なら、誰もがそうであるとおり、僕も『教育』ということに関しては非常に高い関心を持っています。僕は両親が二人とも学校の先生だったこともあり、とりわけ教育ということについて昔からいろい…

僕が不労所得生活者になってはじめてわかったコト

これはよく言われていることですが、日本人には『お金を増やす』という概念があまりありません。日本人はどちらかといえば、『お金というのは貯めるもの』と考える傾向あります。これは日本独特の文化的側面が背景にあります。それは一面においてはとてもい…

給与以外の収入にサラリーマン全員がもっと注目すべき理由

これからはもう国や会社などはアテになどできません。どうにかして「自分でお金を稼ぎ出す方法」を見つけ出さなきゃいけない世の中になってきました。一流企業に勤めるサラリーマンの方は「これで安泰だ」と思っているかもしれません。しかし、どんな大企業…

収入を得る方法には2種類あることをあなたは知ってますか?

収入を増やすという言葉を聞いて、多くの日本人は『出世して、年収を増やす』ということをイメージします。要するに『仕事を一生懸命がんばることでお金を得る』ということです。これに対して、アメリカ人は収入を増やすという言葉を聞くと、『投資をして、…

新築アパートを建てることに僕がまったく興味がない理由

不動産を持っていたりするとどこで調べたのか分かりませんが、建築会社から「新築アパート建てる気ありませんか?」という営業の電話がかかってきます。そして、彼らはふたこと目にはこう言うのです…「当社では家賃保証システムを用意しています。だから、安…

労働から得たお金はいいお金? 投資から得たお金は悪いお金?

「不動産投資をやっています」と言うと、いまだに怪訝な顔をされることがあります。どうも、日本人は「投資」というものをマイナスのイメージで受け取る傾向があります。『それが日本人のいいところだ』という意見もあります。たしかに、勤勉さは日本人のい…

僕がこれまでの人生の中で学んできた「貧乏な人の共通点」

「お金がない!」という言葉をすぐ口にする人には共通したある特徴があります。彼らは知らず知らずのうちに「お金持ちになる人」とはかけ離れた習慣を身につけ、それを実践しています。だけど、彼らはそのことに気づいていません。もしもあなたが「お金持ち…

お金持ちの人はみんな投資をすることによってお金持ちになった

投資をするなんてとんでもない!…この言葉は投資を一度もやったことのない人と話をすると、よく出る言葉です。その人の頭のなかには、『投資は危険だ』という刷り込みがしっかりとされているのです。いったい彼らはどこでそのような刷り込みをされたのでしょ…

ビジネスのための借金だったら別に後ろめたさを感じる必要なくね?

僕はアパート経営をすることで生計を立てています。だから、当然のことながら、借金もいっぱいしています。日本は一生のうちで大きな借金といえば、「住宅ローンぐらいしかない」という人が大多数を占める国です。そうした国民性のなかで、僕みたいに住宅ロ…

人のアドバイスは聞かない方がいい。←とくにお金に関しては

僕は小さい頃から平均的な人間でした。勉強、スポーツ、芸術、etc…とくに何かに秀でていたわけでもなく、まったくダメといういわけでもありませんでした。 友だちがたくさんいたわけでもなかったし、まったくの一人ぼっちというわけでもありませんでした。女…

「行動しなければ何も変わらない」ということの大切さについて

たとえば、矢沢永吉は、「ロックスターになろう」と思って、東京行きの寝台列車に飛び乗りました。たとえば、ビートたけしは、「芸人になろう」と思って浅草へ行きました。たとえば、村上春樹は、「小説家になろう」と思って群像新人賞に応募しました。 浅草…

答えはいつも目の前にある。アタマを使えばその答えは見えてくる

税金が増税されたり、物価が上昇したり、公共料金が引き上げられたり、etc…。そのたびに大騒ぎする人たちがいます。もちろん、それらのことはあまり愉快なことではありません。しかし、問題はそのような「ちょっとしたこと」で簡単にグラついてしまう僕たち…

積極的にリスクを取りにいくことは何も悪いことじゃない理由

ふり返ってみると、僕は常にリスクをとり続けてきました。決して僕は、「危険なことが大好き!」というタイプの人間ではないのですが、なぜか知らないけど、リスク・リスク・リスクを選択し続けてきました。「リスク」という言葉は、とても不思議な言葉です…

不動産投資の特徴をしっかり把握しておかないと地獄を見るという話 

アパート経営はスポーツ競技にたとえれば、マラソンです。完全なる、長距離走です。数か月、数年といった短いスパンで結果が出るビジネスではありません。最終結果が出るのは、20年も25年も先の話です。だから、不動産投資・アパート経営というものは、「す…

不動産投資が最もレバレッジ効果がある投資なのはなぜか?

これはよく言われていることですが、僕がやっている不動産投資・アパート経営というのは『レバレッジ』を効かせることができるビジネスです。このレバレッジの力はものすごい力を秘めています。レバレッジとは「てこ」に例えられることがよくあるのですが、…

人のお金を使っているのになぜか資産が膨らんでゆく不思議!

不動産投資・アパート経営をするためには、まずは何はさておいても『物件』を取得しなきゃいけませんよね? これを手に入れなければ、話になりません。ところが、この物件を取得するのがなかなか大変なのです。僕は不動産投資でいちばん大事なことは、『どん…

最後は土地が残るので資産価値がゼロになることはない!

世の中には、「投資」の名の付くものは数多く存在します。そういった投資のなかで『不動産投資』は明らかに異彩を放っています。投資であることには変わりはないのですが、他の投資法と全然違う部分がたくさんあるのです。僕が不動産投資が他の投資といちば…

なぜ僕は何億円という借金を背負ってるのに平気でいられるのか?

不動産投資をやるためには、何はさておいても『物件』を手に入れなければなりません。しかし、この物件というやつはカンタンに手に入れられるようなものではありません。なぜなら、何千万円も、何億円もするからです。そんな大金、普通の人は持っていません…