読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに。自由に。幸せに。

北海道でアパートの大家業をしてます。のんびりシンプルに生きることがモットー。4人家族。ビートルズが好き。猫が好き。本当の豊かさは高い収入でもモノでもなく「自由な時間だべや」という信念のもと、好き勝手に生きてます。“every cloud has a silver lining.” にゃー。

「いつかそのうちに…」と言ってるあいだに夢の実現が遠のいてゆく法則

今回は「いつかやると言ってる間に人はどんどん年をとってゆくから、夢を持ってる人は先に行動しちゃいなよ!」という話をしたいと思います。 目次 人生は短い。好きなことをやろう! 見る前に跳べ! 「絶対にうまくいく」なんて確証はいつまで待っていても…

「夢が実現できない…」と悩んでいる人こそ知っておくべきコト

夢や目標を持っている人は大勢いらっしゃると思いますが、それらのことは実際に行動しなければいつまでたっても実現することはできないということを書いています。

人生を変えた映画について熱く語るシリーズ 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』編

「好きな映画は?」と聞かれたときに、真っ先に頭に浮かぶのがこの映画です。もうあまりにも好きすぎてしまっているので、そのことについてどう書いたらいいのかさっぱりわかりません。ストーリー、脚本、キャスト、音楽、美術、セリフ、そして「バック・ト…

行動力のある人がいつだって自分の人生を最高なものにする!

僕は今、自由気ままな毎日をおくることができています。それはそれで良かったのですが、ときどき「そういえば、なぜオレはこんな生活をおくることができているんだったっけ?」と思うことがあります。そして、結局のところ『行動したからだ!』という当たり…

後悔ばかりの辛い人生にしないために気をつけておくべきコト

夢を追いかけることはいいことだ __と多くの人が言ってます。だけど僕に言わせれば、実際に夢を追いかけ続けている人はほとんどいません。とくに僕みたいに40歳をゆうに超えてからも夢を追いかけ続ける人というのは、ほとんど奇人・変人です。自分では単調…

困難を乗り越える力は自分の中にすでに備わっているという話

僕はスティーブン・スピルバーグやジョージ・ルーカス、シルベスター・スタローンの映画なんかが大好きでよく観ます。彼らは臆面もなく、ストレートで、シンプルなメッセージを作品にこめています。そこが大好きなのです。 希望を持って生きよう 自分を信じ…

新しいものを手に入れるためには何かを手放す必要があるという話

何かを捨てることはとっても怖いことです。それが自分がこだわってきたことや信じてきたことだったりなんかしたら余計に恐ろしい。でもそれをやらなければ夢は実現しないということについて書いています。

夢を諦めることを辛いと思う必要がないと僕が思う理由

僕は今、自由気ままなセミ・リタイア生活をおくっています。僕が脱サラしたのは、37歳のときでした。今の僕には、満員電車もなければ退屈な会議もありません。サービス残業もないし、休日出勤もありません。職場の人間関係の悩みとも無縁です。どうして僕の…

【偉人オタクの僕が解説!】夢を叶える人の共通点とは何か?

友人同士が集まると、夢談義に花が咲くことがあります。いろいろな人の口から、それぞれの夢についての話が語られます。しかし、そこで語られる夢の大半は、ただ語られるだけで終わってしまいます。そこから本当に夢を実現させるべく動き出す人というのはほ…

なんでもやってみるという経験から得られるメリットの話

僕は今、セミ・リタイア生活をおくっています。サラリーマンをしていた頃に憧れていた、自由な生活を手に入れたわけです。こんな風な生活をおくることができるなんて、夢にも思っていませんでした。僕はどこにでもいるサラリーマンでした。何か特別な資格が…

志を高く持つこと。←結局はこれが救いになる!という話

僕は夢を追いかけている人が好きです。たぶん自分自身が夢追い人タイプの人間だからでしょう。しかし、ご存じのとおり、夢というのはすべての人が叶えられるわけではありません。そこはどうしても、夢が叶えられる人・夢を叶えられない人。…の2種類に分けら…

社会に出て揉まれること。←これ、将来のために絶対必要なこと

僕は37歳のときに脱サラして、起業しました。まあ、我ながら、自分の人生をふり返ってみても、好き勝手やってきた人生だったなぁ…と思います。よく言えば「自分に正直」、悪い言えば「わがまま」といったところでしょうか…。僕は基本的には、人間はわがまま…

現実的に考える視点も持っておくことだ大事!という話

ご存じのとおり、現代は競争社会です。そして、これからもますます、その競争は激化してゆくはずです。そんな競争社会のなかで、誰もが『勝ちたい!』という想いを抱きながら生きています。でも、競争社会が行き過ぎると、社会は不安定なものになります。人…

人生の岐路で選択を迫られたとき僕らはどんな道を選ぶべきか?

ある有名な詩があります。ロバート・フロストというアメリカの詩人が書いた『The road not taken(歩む者のいない道)』という詩です。ご存じでしょうか? できれば、この詩は若い人に読んでほしい詩です。選択肢がたくさんあり、これからいかようにでも変化…