読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンプルに。自由に。幸せに。

北海道でアパートの大家業をしてます。のんびりシンプルに生きることがモットー。4人家族。ビートルズが好き。猫が好き。本当の豊かさは高い収入でもモノでもなく「自由な時間だべや」という信念のもと、好き勝手に生きてます。“every cloud has a silver lining.” にゃー。

「いつかそのうちに…」と言ってるあいだに夢の実現が遠のいてゆく法則

今回は「いつかやると言ってる間に人はどんどん年をとってゆくから、夢を持ってる人は先に行動しちゃいなよ!」という話をしたいと思います。 目次 人生は短い。好きなことをやろう! 見る前に跳べ! 「絶対にうまくいく」なんて確証はいつまで待っていても…

「夢が実現できない…」と悩んでいる人こそ知っておくべきコト

夢や目標を持っている人は大勢いらっしゃると思いますが、それらのことは実際に行動しなければいつまでたっても実現することはできないということを書いています。

普通のサラリーマンだった僕が投資家になろうと思った理由

僕が普通のサラリーマンから投資家になった経緯について書いています。僕はなぜ投資によってメシを食うことに惹かれたのか?投資をすることの魅力も書いています。

好きに生きるということはラクに生きるということではない件

好きなことをして生きるということは決してラクに生きるということではありません。時にはリスクを承知で飛び込んでいかなければならないことがある、ということを書いています。

自分に対するコンプレックスを改善したい時のマインドセット

人間関係に悩んだ時は、思いっきりナルシストになってみることをオススメします。人間関係の悩みは厄介なものです。これにいったん悩まされはじめると、だんだん自分のことを責めるようになっていきます。このブログの中で非常に重要なテーマの一つが、「い…

お金の束縛から自由になることで人生が変わった話

「あれも買わなきゃ」「これも買わなきゃ」なんて思う必要はないと僕は思っています。資本主義経済というのは僕らにいろんなものを買わせようとします。そういうシステムになっているのです。でもそのシステムに染まる必要は全然ない。『お金』はとっても大…

仕事ばかりの人生を後悔しないためのマインドセット

いくら医療が発達してきたとはいえ、僕たちの一生というのはせいぜい80年前後。 しかも、多くの人はその80年という時間のほとんどを『仕事』に費やします。そう考えてみると、家族と一緒に過ごす時間とか、余暇を楽しむ時間とか、自分の趣味の時間というのは…

腐らないで頑張る。←これを意識すれば自分を変えることができる理由

今日は大晦日ですね。今年、最後の記事です。みなさん今年一年、ありがとうございました。また来年もよろしくお願いします!今年最後の記事ということで、少しポジティブなことを書いてみようと思います。 目次 僕は悩み多きサラリーマンだった 自分を磨くこ…

逃げることの大切さをすべての会社員は忘れてはいけない

2016年話題になったドラマといえば、なんと言っても『逃げるは恥だが役に立つ』。僕もハマりました。 ところで、この「逃げるは恥だが役に立つ」という言葉。ちょっと気になったんでググってみました。どうやらハンガリーのことわざらしく、 恥ずかしい逃げ…

物欲の抑えてモノの呪縛から解放されよう!

僕たちは日々の生活のなかで、実にさまざまな『モノ(=商品)』と出合います。たしかに、それらのモノはどれも魅力的です。企業は次から次へとそんな魅力なモノを世の中に送りだしつづけています。そして、僕たちの購買意欲をかき立て、莫大な利益をあげて…

常識に縛られないでもっと自分流に生きたっていい!

僕は2011年に脱サラ・起業し、自由気ままな毎日をおくるようになりました。いわば、世間一般的に主流と思われてる道から外れ、アウトサイダーな道に行ったわけです。そういう立場になってあらためて思うのは、 みんないろんなものに縛られすぎなんじゃないか…

競争に勝つことばかりを考えて生きることになぜ僕は嫌気がさしたのか?

負けず嫌いであることは悪いことはありませんが、度が過ぎると、身を滅ぼす場合があるので注意しなくてはなりません。誇大妄想と自己嫌悪は、コインの裏表のようなものなのです。 今日はどちらの面がオモテになるかわかりません。新聞やテレビのニュースでも…

捨てることの大切さに気づいた人から幸せになってゆく件

若いころは「あれもほしい」「これもほしい」といった具合に、とにかく上を目指してガツガツ生きていました。しかし、2011年に脱サラしてからというもの、そういう生き方には限界があるなと思うようになりました。 今はその頃とはまったく正反対の価値観で生…

大成功を収めるために必要なマインドセットとは?

僕は長いこと不遇な時期というものを経験しました。そんなとき、僕はよく自分の不運を嘆いていました。 いつか自分にも幸運が巡ってくるはずだ …この何の根拠もない思い込みのせいで、僕はずっと『待ちの姿勢』で生きていました。 ずいぶん長いことその待ち…

お金の問題を解決するために最低限知っておかなければならないこと

お金の問題を抱えている人は結構います。そういうお金の問題を抱えている人に、僕がぜひ伝えたいのは、 本丸に切り込む …という考え方です。「根本的な部分に目を向ける」という言葉に置き換えてもいいかもしれません。とにかく、「ストレス発散!」とか「が…

古い価値観を捨てて新しい価値観を受け入れる柔軟性が君を救う

本当の意味で自由になるためには、ときには自分がそれまで信じてきたものを手放さなければならないことがあります。それはとても大変なことですが、人生にはそれをやらなければならない瞬間というものがあります。そのとき、パッと手を放すことができる人と…

真面目が取り柄って、本当にいいことなの?ということについて

ハウツーものが流行っていますね。世の中が不安になってくると、「一直線にゴールにたどり着きたい」という心理が働きます。みんな「いち早く答えがほしい!」ということなのでしょう。その気持ちはわからないでもないですが、目的地にたどり着くためのコー…

知っておいてほしい!「安定志向も危険だよ。」という話

「安定」ばかりを追い求めて、リスクを避けてばかりいると、かえってリスクに遭遇する確率が高くなります。特に今みたいな激動の時代においては、安定思考だけでは危険です。僕は『自由』というものを何よりも愛し、尊重する人間です。でも社会というのは、…

困難を乗り越える力は自分の中にすでに備わっているという話

僕はスティーブン・スピルバーグやジョージ・ルーカス、シルベスター・スタローンの映画なんかが大好きでよく観ます。彼らは臆面もなく、ストレートで、シンプルなメッセージを作品にこめています。そこが大好きなのです。 希望を持って生きよう 自分を信じ…

新しいものを手に入れるためには何かを手放す必要があるという話

何かを捨てることはとっても怖いことです。それが自分がこだわってきたことや信じてきたことだったりなんかしたら余計に恐ろしい。でもそれをやらなければ夢は実現しないということについて書いています。

あえて楽をしない道を選んだことで得られるリターンがスゴイ

僕はよく「Take It Easy」という言葉を使います。テイク・イット・イージー。気楽にいこうぜ。…でも、僕はこの言葉を「ラクをする」という意味で使っているわけではありません。自慢ではありませんが、僕は人生のなかで何かを選択するとき、「ラクか、ラクじ…

人生の軌道修正をしたい!と望む人がチェックしておくべきこと

僕は「もうダメだ」「オレの人生は終わった」と思ったことが何度もあります。本当にお先が真っ暗で、自分に未来があるなんてことが想像すらできませんでした。僕は失業を経験したこともありますし、うつを経験したこともあります。でも、今、そういう過去か…

最近うまくいかないなと思った時にこそ読んでほしいコト

セミリタイア生活に入り、自由気ままに暮らすようになると、それまで気づかなかったことが見えてきたりします。そのなかで僕が最近、思うのが、なんでみんな、「常識」とか「世間体」みたいなものをそんなに気にするんだろう?…ということです。だいたい見て…

主流から外れた生き方を選ぶのもいいんじゃない?と僕が思う理由

僕は基本的に自分のことをアウトサイダーだと思っています。でも、この国でアウトサイダーとして生きるというのは、なかなか大変なことでもあります。ご存じのとおり、この国は『輪をもって尊しとなる』的メンタリティーが支配的な国です。そんななかで、主…

被害者意識の強い人はお金に恵まれないのはなぜか?

これはお金に関することに限りませんが、世の中には「被害者意識」に凝り固まっている人がたくさんいます。自分の人生がうまくいってないことを自分自身でうすうす気づいているから、「自分は被害者である」という考え方にとらわれてしまっているのです。な…

同調圧力に負けるな!優先させるべきはまわりの声ではなく、自分の声

もしも僕たちの人生というものが、ただ仕事をするだけのものだったとしたら? ただ住宅ローンを払うだけのものだったとしたら?…これほど味気ないものはありません。でも、多くの人はそんな味気ない人生を歩むことには積極的だけど、エキサイティングな人生…

本当の敵は自分自身だった!? 誰かと競い合うより大切なこと

「自己承認欲求」は、僕らを突き動かすひとつの原動力です。誰だって、認めてほしい、褒められたい、「すごい!」って言ってほしい…って思っています。僕はその欲求を持つこと自体は間違っていないと思っています。『何の欲求も持たずに、ただ時間をつぶすだ…

「まわりと同じ価値観じゃなくてもいい」と僕が思うこれだけの理由

僕はこの世の中のことがすべて100%、「原因と結果の法則」の因果律によって成り立っているとは思っていません。だけど、ほとんどのことは起こるべくして起こっているような気がしています。やっぱり、何ごとにおいてもうまく人というのは、うまくいくような…

夢を諦めることを辛いと思う必要がないと僕が思う理由

僕は今、自由気ままなセミ・リタイア生活をおくっています。僕が脱サラしたのは、37歳のときでした。今の僕には、満員電車もなければ退屈な会議もありません。サービス残業もないし、休日出勤もありません。職場の人間関係の悩みとも無縁です。どうして僕の…

【偉人オタクの僕が解説!】夢を叶える人の共通点とは何か?

友人同士が集まると、夢談義に花が咲くことがあります。いろいろな人の口から、それぞれの夢についての話が語られます。しかし、そこで語られる夢の大半は、ただ語られるだけで終わってしまいます。そこから本当に夢を実現させるべく動き出す人というのはほ…

なんでもやってみるという経験から得られるメリットの話

僕は今、セミ・リタイア生活をおくっています。サラリーマンをしていた頃に憧れていた、自由な生活を手に入れたわけです。こんな風な生活をおくることができるなんて、夢にも思っていませんでした。僕はどこにでもいるサラリーマンでした。何か特別な資格が…

人生には引きこもる時期があってもいいと僕が思う理由

毎年、シュウカツがニュースになります。「3年で会社を辞める若者」も話題に上ります。今、多くの若者たちがジレンマを抱えています。『社会に出て働く』ということが、いまひとつ納得できていないのです。もう40歳をゆうに超えたおっさんになっちゃったけど…

人と違うことを怖がらないで生きた方がいいこれだけの理由

「あなたはどんな仕事をしているんですか?」と聞かれ、「アパートの大家をやっています」と答えると、10人中9人が怪訝そうな顔をします。さらに…「毎日、何をやっているんですか?」と聞かれて、「毎日? 特に何もやってないですね。好きなことしてますよ」…

挫折経験がある人の方が人生がうまくいくケースが多い理由

反面教師。…という言葉がありますよね? 僕は結構、この言葉が結構、好きです。僕はこれまでの人生のなかでたくさん失敗をしてきました。そして、そういった失敗をたくさん経験してきて、つくづく思うのは、うまくいったことよりも、うまくいかなかったこと…

志を高く持つこと。←結局はこれが救いになる!という話

僕は夢を追いかけている人が好きです。たぶん自分自身が夢追い人タイプの人間だからでしょう。しかし、ご存じのとおり、夢というのはすべての人が叶えられるわけではありません。そこはどうしても、夢が叶えられる人・夢を叶えられない人。…の2種類に分けら…

個として生きることはこれからますます必要になるという話

僕は子どもの頃から『集団行動』が大の苦手でした。「一致団結して、何かに取り組もう!」という類のものがとにかく嫌で、球技大会も、合唱コンクールも、運動会も、あまりいい思い出はありません。僕は集団のなかにいるよりも、家で一人でのんびり音楽を聴…

僕が同窓会になんか絶対に行きたくない!と思う理由

この世の中で何がいちばんキライかといって、「同窓会」ほどキライなものはありません。別にいじめられたとか、嫌な目に遭ったとかというわけありません。でも、僕は生まれてこのかた、同窓会というものに出席したことは一度もありません。同窓会というもの…

あるがままに自然体でいることの大切さについて

僕はしばらくのあいだビートルズの曲のなかで『Let it be』という曲だけは、どうしても好きになれませんでした。理由は簡単。あまりにも、メジャーすぎる曲だからです。もともと、あまのじゃく気質の僕。けっ! そんな幼稚園生でも知ってるような曲、俺は好…

積極的にリスクを取りにいくことは何も悪いことじゃない理由

ふり返ってみると、僕は常にリスクをとり続けてきました。決して僕は、「危険なことが大好き!」というタイプの人間ではないのですが、なぜか知らないけど、リスク・リスク・リスクを選択し続けてきました。「リスク」という言葉は、とても不思議な言葉です…

現実的に考える視点も持っておくことだ大事!という話

ご存じのとおり、現代は競争社会です。そして、これからもますます、その競争は激化してゆくはずです。そんな競争社会のなかで、誰もが『勝ちたい!』という想いを抱きながら生きています。でも、競争社会が行き過ぎると、社会は不安定なものになります。人…

自分の内なる声に従うことが成功のカギとなるという話

あなたは『わがまま』という言葉に、いいイメージを持っていますか? それとも、悪いイメージを持っていますか? 一般的に、わがままは良くないこととされていますよね。家でも、学校でも、わがままは「最もやってはいけないことのひとつ」と思われています…

人生の岐路で選択を迫られたとき僕らはどんな道を選ぶべきか?

ある有名な詩があります。ロバート・フロストというアメリカの詩人が書いた『The road not taken(歩む者のいない道)』という詩です。ご存じでしょうか? できれば、この詩は若い人に読んでほしい詩です。選択肢がたくさんあり、これからいかようにでも変化…

なぜ若いときに散々苦労した人の方が、答えを発見するのが早いのか?

人間というのは、ついつい目の前の「結果」にばかり目が行きがちです。だからうまくいっている人を見ても、妬むか、羨ましがるかのどちらかの反応をしてしまいます。しかし、僕たちが本当に目を向けなければいけないのは、その人の現在の姿ではありません。 …

変化を楽しめる人になって不安定に強くなろう!

多くの人が「毎日が何事もなく、平穏無事に過ぎていけばいい」と思って、暮らしています。しかし、ご存じのとおり、人生というやつはそういうわけにはいきません。人生には、実にいろんなことが起こるものです。どんなにこちらが祈ったところで、人生という…

僕がシンプルライフをおくるようになったきっかけ

僕は以前に比べると、明らかに少しはお金持ちになりました。37歳のときにサラリーマンをやめ、独立起業して以来、事業家のはしくれとして会社を経営してきました。これからの僕のがんばり次第によっては、もしかしたら今よりもっとお金持ちになってゆくかも…