シンプルに。自由に。

北海道でアパートの大家業をしてます。4人家族。映画が好き。猫が好き。北の国でなまらのんびり生きてます。“every cloud has a silver lining.” したっけ!

お金について

住宅取得資金の贈与の非課税枠を使うにはどうすればいいの?

政府の税制改正により、結婚や子育てに関する贈与も以前に比べるとだいぶ無税で贈与できる金額が増えました。だけど結婚や子育てにかかる費用よりもはるかに高額になるのが、なんといっても『マイホーム』にかかるお金です。 そしてこのたびに税制改正により…

出産祝い金にも贈与税ってかかるの?非課税にできないの?

新たに加わった生前贈与の非課税制度のなかで、もっとも注目を集めているのが結婚&子育て資金に関する贈与の非課税制度です。 今までは、結婚するときや出産するときに関係なく、大きな金額を贈与した場合は贈与税が課税されていました。しかし、平成27年度…

教育資金の贈与をする時の条件と信託する方法

いつの時代もおじいちゃん・おばあちゃんにとって、孫の存在は可愛いものです。そんなかわいい孫の教育資金のためなら、いくらでも拠出してもいい!と考えるおじいちゃん・おばあちゃんも多いはず。でも今まではその教育資金への贈与にも贈与税が課せられて…

夫婦間の贈与で何を気をつけておかなければならないのか?

贈与税はなかなか頭の痛い問題ではありますが、結婚生活が20年以上経過している夫婦だったら、無税で多額のお金を贈与できるスバラシイ制度があります! それが「贈与税の配偶者控除」と呼ばれている制度です。これは婚姻期間が20年以上経過している夫婦限定…

生前贈与は110万まで非課税←実はここに落とし穴あり!

相続税というものはそもそも財産のある人に課せられる税金ですよね? だから、相続財産をなくしたり、減らしたりしてしまえば相続税は納める必要はなくなるわけです。財産を減らすためには、夫婦や子や孫に財産を移転してしまえばいいわけです。その移転のこ…

贈与税がかからない方法として注目したい相続時精算課税制度

平成15年に贈与税に関する税制改正があり、相続時精算課税制度というものが導入されました。これは生前贈与のひとつのやり方で、贈与する財産が2,500万円までだったら無税で贈与できるよ!というものです。これにより、子や孫に自分のお金や財産を一気に贈与…

生前贈与のメリットとデメリットについて調べてみた

生前贈与について考えるとき、誰もが「なるべく非課税枠を増やしたい!」と考えるものです。贈与税というのは、お金を贈与した方じゃなくて、お金を受け取った方に課せられます。だから、お父さんとか、お爺ちゃんはなるべく子どもや孫に迷惑をかけたくない…

政府が発表した贈与税に関するの5つの特例措置について

税金にはいろいろ頭を悩まされるものですが、なかでも贈与税や相続税といったようなものにはとくに注意が必要です。普段あまりなじみがない税金なので、「こんなはずではなかった…」とか「知らなかった…」ということがよくあるのです。高齢化社会を迎え、い…